スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走ですよねぇ

という事で伊織回(?)の77話アプしました~



今回はりっちゃんコーナーで重大な告知をさらっとしてますw
まあ、このブログをご覧の方々には周知の事なんですがのー
ちょっとどきっとした人もいらっしゃったのでしょうか?

大分巻きに入ってるという印象を持たれる方もいるかと思いますが、確かに弘治3年(1557)には5回くらいしかかけてないですからねぇ…前年辺りまでは1年で15回とかかけてたんで、すごい巻きがかかってるように感じるのはこれはどうしようもない…かな?
やはり城を一つ一つ落としていくのにはそれなりのエピソードを付けてきたのですが、1557は城を4つしか落としてないんですよねw
毛利は武田滅亡後、毎季節攻めては来てたんですが、美希とか綱成、あずささんの勲功稼ぎのために適当にあしらってた状態なんでお見せする程のことでもなかったし、冗長になりすぎるのも何なんでずばっと切り落としてしまいました。
でも、巻きが入りすぎてエピソードの掘り下げが足りなくなってて、慌ただしく進んでいるという感じは否めないですかね。今回はまとまりが良くなかった…というか、最終回まであんまりまとまりが良くないで終わっちゃいそうな感じがして、晩節を穢す形になっちゃうかしらw
などと、今回動画についてたコメを見ていろいろ考えてたり考えてなかったり

ほいで、今回もぐだぐだ語りなのですが…
やっと全員揃えることが出来ましたw
登録アイドル(+1)でいないのが真美と小鳥さんなんですが、真美はとりあえず浪人ですし、亜美つながりで安東家と関係している、小鳥さんは織田なんで呼ばれなくてもちょくちょく出てくるといった辺りで、ほぼ完璧な形でのコンプリートですねw
あずささんが30になる前(つまり10年以内)に各地に散らばったアイドルを全部集めて、天下統一して終わるのが目標であったことを考えると、見事目標達成寸前ですのー
律子は直茂から、伊織は隆元から離れるということになりましたが、正直話を進めてきた上でこれほど絆が深くなるとは思っていなくて、伊織は謀略で、律子はあずささんの強力なプッシュで、というように別れさせるのが大変でした…というか、まだちょっと見ている人にとっては消化不良かもしれませんのぅ
このへんの話をちゃんと消化させられるようになれればもっともっと楽しんでもらえる作品を作れたと思うのですが、今さら詮無きことですなw
でも、伊織のシーンの「フタリの記憶」は1番の歌詞が良くはまってくれました。
歌詞の「僕」を隆元に重ねると、切ないかんじですので…だから、ショート版(2番)は使えませんでしたがw
あと、律子をあずささんがさらう(笑)シーンの曲は、コメでもついてましたが、先日某所で紹介されてた下記の動画の影響が大きゅうございます



見ていただければ、なんとなく使ったわけがわかるかも…わからないかも?w
とりあえず、ババァーンという効果音は自重しるw
うちのあずささんもスキマで移動してることにしとけば良かったなぁ…

今回はあと、終了間際にしてとうとう「アイドル」という言葉を作中で使う事となりました。
あの南蛮人、どこで出そうかと悩んでいたんですが、ギリギリ間に合いましたね~
名前のネタもすぐにわかっていただけたようで嬉しい限り…ぴよちゃんの婿にというコメには、そういう手があったかと苦笑させられましたがw

で、今回使わせていただいたイラスト~

125931999425816206755_takaio.jpg

伊織、かわいいなぁ…
千早創世一の紳士キャラたる毛利隆元とコンビになったのは伊織の人徳?
我が儘をぶつけて困らせようとしても、我が儘ごとふんわりと受け止めてしまう相手には意外と伊織って弱そうな感じもあるんですが、どうでしょうねw

125992033229916131083_chikayukib.jpg

それと、安東の強かなお二人さん
雪歩を太郎ちゃんの嫁にというコメが多いのは、二人とも愛されてるからでしょうかw
ヤキモチを焼いちゃうちーちゃんも可愛いですけどw

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。


あずささん、色々規格外過ぎて行動が読めなさ過ぎ…借りパクwいやあ状況だけ見れば確かにw。

信愛P、毎年末の恒例行事の統括指揮お疲れ様ですw。安東は内政に関しても有能な人材が増えましたし、領地拡大やら何やらで仕事の数は増えても、北さん自身は大分楽出来るようになったでしょうか。人材育成も担当してたりするとそうでもないかな…。軍備兵站等の管理、ちーちゃんが殆ど引き受けてた頃が懐かしい…。確認してみたら、政実さんが北さん連れてきたのがまだ話数一桁の頃…そりゃ懐かしいわけだ。

武田の御屋形様もとうとう安東入り…しかし、やっていい事と悪い事があるw。チケット強奪簀巻きまではいい、だけど痴才女様に熨斗付けて送るとか…鬼の所業に他ならないw。あと隣にいたミンゴス、じゃなかった謎の女自重w。

いおりん…もう隆元さんが格好良すぎです。この二人は今更語る必要も無いぐらいに良いコンビになりましたね。りっちゃん直茂も。最後の直茂のアレだって、りっちゃんが安東に行きやすくなるようにと思って渾身の軽口を…ううん、どうかなw。
そういえばアイドルコンプリート!おめでとうございます!賞品として、小鳥さんを嫁にできる権利が贈られます。


今回のイラスト。ちかゆき。天下が治まって、仮にこの二人が一緒になったとしたら…うちの殿様は毎日楽しそうでいいよな、って声が領内から聞こえてくるに違いないw。ちーちゃんのヤキモチかわいい…けど怖いw。

モノクロ隆元&伊織。うーんカラーで描きたかった。というか描きたい物がまだまだいっぱいあってどうしようかとw。地黄八幡も描きたかったし、描くといって結局描いてない萩原衆も。北さんや奉賛会創設メンバーの面々も描いてあげたかった。


あと2話という事で、本当にラストスパートですね。今年中に完結する事は大分前からわかってた筈なのに、動画内で残り話数を改めて目にすると、ああやはり終わってしまうのか…と寂しさが。
巻き入ってる感じになるのは、ゲーム結果を軸に物語を作っていくという特殊な手法&信長の野望というゲームの性質上仕方ない部分もあるのかなと…。終盤も同じペース配分で製作すると蛇足な部分が増える一方になりそうですしね…。


残り僅か、描きたいものは色々あるんですが何描いていいのかちょっと悩んでますw。なのでリクありましたら是非とも…多分モノクロ絵になると思います。


でわでわ。

Re: No title

>どくへび殿
いらっしゃいませー
うちのあずささんはもう、大分いろんな所からはみ出しちゃってるんじゃなかろうかとw
ほんに、大きいお方じゃあ…wwで、言われてみれば借りパクそのものですわなぁ…まあ、本人もあとでパクってきた所を見ると、最初から本人を推挙するための故意犯的な行動だったという説も…綺麗だあずささん綺麗だな
北さんは忙しさが多分変わってない…というか、自分でやる部分が少なくなった代わりに人にやらせて統括する仕事が増えて、むしろ大変になった部分も多いのかもですねー
ちーちゃんが全部背負ってた時代からすると飛躍的な進歩なのですが、今の安東家の規模ではとても一人では背負えないのも事実なんですよね。
そう考えると、ああ、大きくなったんだなあとしみじみ思いますねぇ

御屋形様は、いろんな責任から解き放たれてフリーダムにおなり遊ばされました…それでも、根はそんな悪い奴じゃないんですよきっと、戦闘中に聞いた小鳥さんのことを気にかけて、自分の本当に自慢の弟を送りつけてやる位だもの、うん…
「謎の女」は仕方ねぇなあとw
でも、いつも真面目な千早がああなるから面白いのであって、アレが常態化するとギャグに使えなくなるのが困りますよねw

伊織と律子はいいパートナーに恵まれた、というべきでしょうねぇ…
合流が本当の最後の最後、大詰めになるのがわかってた二人なので、どうなることかと思ったんですが…パートナーの面では少し穴埋めが出来たかなぁ
直茂は登場人物の中で多分一番アイドルの近くにいる事が出来た男性だと思います。その点、いくらりっちゃんにグリッとやられようとも恵まれすぎた立場と言えなくもないですねぇ…だからこそ、離れないとならないと思ったのかも知れませんが、ね

> 賞品として、小鳥さんを嫁にできる権利
やったー!ww

愛季と雪歩は仲良さそうではあるのですが、雪歩がヤキモチ焼いたりすると怖そうw
でも、「太郎様は毎日楽しそうでいいよな。」っていうのはある意味理想でもありますなー
ちーちゃんのヤキモチはもうね、可愛いんだけど手に負えない系の爆発をしそうな気がするのですよ…とりあえずお茶をピンポイントでそこにかけるのはかわいそうだからやめなさいねとw

終わりが見えてくると、敵が少なくなるということで、本当にエピソードをいれようとすると蛇足なものばかりになっちゃうんですよねぇ…
これまではCPU国同士の戦いにしても、あとで主人公勢力の行動に影響する部分があるのであれば積極的にエピとして盛り込んでいけたものが、敵が一つしかなくなるとそれも盛り込めませんですからのー
動画中で宣言を出来るくらいにまで、残りの配分が固まってきたと言うことで次第に寂しさもつのっては来るのですが、最後まで頑張らないとなぁ…
どくへび殿にもこれまで、本当にイラストでお世話になりっぱなしなのですが、いただいた千早創世のイラストを作中で紹介できる機会も年内で終わっちゃうんですよね…ううん、寂しいなぁ…

正直まだまだ見たいシーンがたくさんあって絞りきれないなぁ…欲張りですねw
安東所属のアイドルはみーんな自分のモノと夢想する雪歩とかww

No title

こんばんは。
日曜日中に書きこめてわっほい。

そういえば地元民ならという質問をしようと思ってたのを忘れてました。
行基図についてですが、行基図では、後には本州北端までを含んだ陸奥国が半ばまでしか領域化されておらず、境界線を引かれた先の地域は「津軽大里」というもしかしてここはもう日本国じゃないかも的な地名になってます(参考:http://www.city.ibaraki-koga.lg.jp/rekihaku/2001haru/shougaisho.htm(14世紀のコピー;ドットはこれから起こしました)、http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/exhibition/kochizu/gazou/3-1.html(17世紀のコピー;高精細))が、この「津軽大里」は青森県民的には「今で言うどこらへん」というイメージがあるのでしょうか?

> りっちゃんコーナーで重大な告知
バチッと示されると中々に。前回の記事タイトル「あと残り…一桁」というのから「あと5、6回かー」などと「今年中」というのから考えると絶対あり得ないことを指折り数えることすらせずまさに漫然とイメージしていました。ゆきぽ回までに終わるというのも前から言われてたのに、今もう77回なのも見えてないのかと。愚か者ですねー。

> 大分巻きに入ってる
ええ、こないだ年末と正月のイベントやったばかりなのに!w
まあ年末ライブというとやんごとない方もいらっしゃってましたがしかしちーちゃんが盛大にぶっこわれてましたなぁww晴信さんが霞むほどにww最後の「たかつきさはぁぁん」つうだらしない泣き声が大好きすぎるwww 中の人の影響といえばそれまでですが物語的にはどこであんなにやよいスキーになったんでしょうねww

> 城を一つ一つ落としていくのにはそれなりのエピソードを付けてきた
これを毎週できる能力がすごいですのう。時に地方独特のもの、武将独特のものを取り入れたりして、常にトピックに溢れて飽きというものがない。

> ずばっと切り落としてしまいました
11分40秒頃の摂津と丹後を守るまこちんと美希の発言に信頼感の揺るぎなさを感じてそこを補って余りある印象でした。

> やっと全員揃えることが出来ましたw
ギリギリですねw
しかしりっちゃんが毛利に拾われるまでは全員揃うのは100話くらいになるんじゃないかって思ってましたww 島津に行かずこっちに移動してきてくれたのに助けられましたかね。

> 正直話を進めてきた上でこれほど絆が深くなるとは思っていなくて
プレイ自体はずっと前に終わってたということですから、そうでしょうねえ。それを知っていると視聴者側もまったくこんなに深くなるとはと思わざるを得ませんの。

> 伊織のシーン
またすごく好きなシーンになりました。波濤崩れる音で始まり美保関付近のテロップが表示される流れがどくへび殿のイラストに寒々とした冬の日本海の海岸に立つ紳士と美少女のイメージを与えてくれました。素人のホームムービーならボボボボボボという感じの風音しか録れないような風景。
何度言われたことか判らないけど隆元は真の紳士ですね。元就はいおりんに絆されたし直家もそれを許した。元就の「伊織が醜女であればこうはならなんだろうにな」その通りだよ!!と誰にも向けられない怒りが悲しい。一目見て判るほどにやつれたとかこの年齢の女の子にあっていいものか。いおりんが砒素中毒でボロボロになるとは一体何の地獄なのだ…。しかし隆元は救ってくれた。
いおりんの用人でも下郎でもいいからあの場に居合わせて隆元に両手両膝付いて泣きながら感謝を述べたい。いおりんに付き添って船に乗り船が出て隆元が見えなくなるまでずっと頭を下げていたい。その後のオプションでいおりんに何であんたがいつまでもメソメソしてんのよとか言われて真に面目のうござるとか言ってやよいに大丈夫ですかとか言われてやよい様はお優しうござる伊織様をくれぐれもよろしくお頼み申し上げまするとか言ってやよいがはい任せて下さいね伊織ちゃんとか言っていおりんの手をぎゅって握ったりしてもうだめだ。
ううん、いおりんと隆元は二人は最高のパートナーですよな…今まで隆元はいおりんを大事にしつつその途方もない器であやしているだけのようにも見えましたが、今回の隆元の台詞はいおりんを愛しているのだと思いました。二人が再会できますように。

EDの地図ではいおりんとやよいと一緒に真美がいましたが、真美が海賊衆として脱出に協力してくれたということですよね。ありがとう真美。
一方でゆきぽが何やら毛利領深く侵入してお仕事中なのが見られてこれまた面白いw

> 律子をあずささんがさらう(笑)シーン
ナベシマンもほんとにかっこいい男ですわ…最後はまあ確かにナベシマンらしいかなぁw まぁ最後のは…ってどくへび殿と丸かぶりしとるw消しw

> 下記の動画
すてきなPVですなぁ!千早とやよいもかっこいい。これは自分にとってはありすえPのドリラー商事で初めて聞いた曲ですなw違うアレンジですけども、とても好きでしたのう。ありすえPと言えば「まとめwiki」のかのPの頁にある「数字で見る~」の項はワシが書いたw(今の補完wikiの表作りに繋がるお仕事的なw)
近頃はほとんど架空戦記に掛かりきりでこういう所で紹介されない限りPV見ませんのう、もったいないこととは解りつつ、というか見れば尚更そう実感するわけですが…一日が30時間くらいになればいいのに…。

> 「アイドル」という言葉を作中で使う事となりました
16世紀の英語は大母音推移というそこら中の母音の発音と綴りがずれる奇怪な現象(そのせいで我々は中学校に入るとえらい苦労をする!w)の真っ直中なのでidolも中世の「i:dol」から現行の「aɪd(ə)l」へ移り変わる中間の「ɪidəl~əidəl」程度の発音じゃないかなーって、とここで言うのはさすがに野暮ですねw

> 我が儘ごとふんわりと受け止めてしまう相手には意外と伊織って弱そう
同意w

> 安東の強かなお二人さん
このゆきぽのひょいとおどけた感じが何とも言えませんなw ちーちゃんが妙な空気に飲まれてしまうわけだwww しかしお茶は飲んでも飲まれるなというか掛けるな何より熱いのはダメだww
よく見ると柄がえらく細かくてビックリ。

> 雪歩を太郎ちゃんの嫁に
本当にお似合いに思えますなw コメで言われてるように斯波の姫であるゆきぽは家格的にも申し分ないし、今のゆきぽを全部理解してあげられるのは太郎ちゃん以外にははるるんや信愛さんなど宿老のおっさんばっか(もりむーは若いけどゆきぽじゃないもんねw)だけだと思うし…そして間違いなくとても愛されていましょう。
そういえば前回の8分55秒頃に太郎ちゃんが片付けるべき「懸案」をちーちゃんが「問題」と受けゆきぽは「お仕事」と受けていたのが印象的ですねぇ。

ではでは、あと二回…!

No title

>てんやく殿
いらっしゃいまし~
とりあえず、ご疑問の辺りだけ先にw
行基図の「津軽大里」は「津軽」と付くだけあって、現在の青森県西部、俗に言う津軽地方と言うイメージですね
まあ、その中でも日本海側の船でたどり着きやすい方でしょうか…「外ヶ浜」(現在の東津軽郡及び青森市一帯)は除く感じなんでしょうかね?
現在の青森県東部(南部地方及び下北地方)は多分この図の中の「夷地」の方に含まれるかとw

No title

こんにちは。

アイドル独占(妄想)雪歩できました~。
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/007/204/85/N000/000/000/126087805801116214448_yukiposama.jpg

駄目だこのゆきぽ、早く何とかしないと…。問題は、ゆきぽを何とか出来そうな人物が数えるほどしかいないと言う事実。
あ、密かにアイドル+1勢揃いですねこの絵w。

でわでわ。

Re: No title

>どくへび殿
いらっしゃいましー
早速いただきまs…うおかわいい!!
百合の園で幸せそうな雪歩もそうですが、アイドルみんなが可愛すぎるです!!
やよいのオマケにくっついてた義信くんを見て、どくへび殿のデフォルメしたキャラって可愛いなと思ってたんですが、アイドル勢揃いすると壮観ですなぁ…幸せデス雪歩様w
ですが、確かにうちのゆきぽをどうにか出来る人物は少なさそうですよね…
剣☆聖だって昏倒させちゃうくらいだし、殿なら何とか…無理かなぁ
でも、はるるんなら何とか…きっと何とかしてくれるハズ
しかし、絵を見て気付きましたが、確かに雪歩は小鳥さんにはどうこう言ってないですよね…これは明白なさべ…区別ですよね!
しかし、リクしてからこの速さ…本当にありがとうございました!

Re: No title

>てんやく殿
遅ればせながら改めて続きをw
今回の告知は、自分自身にもある意味言い聞かせる部分がありまして、とりあえず自分を追い込んでみましたw
それでも今日、第78話のテキストを打ち終わったのですが、次回予告まで来た所でしみじみとこれまでのことが思い出されてしまいました…
視聴者の方も本当に一話一話寂しい感じがしてしまう所ではありますが、どうぞ最後までご覧くだされ~

年末年始に定期のイベントがあると、すごく巻きが入ってるのが目立ちますねw
千早は中の人成分のせいでもあるのですが、いちおう京で会った時に仲良くはなってるので、それ以来大分気にはかけてたみたいです
ただ、病状が悪化したのはやっぱりやよいが安東入りしてからのハズ…
千早的にはやよいは本当に可愛い妹なんですよ、きっと…それ以上ではないはずですw
城攻めは一つ一つ丁寧にやっていったので、毎回いろいろその地方のこととか敵武将のこととかwiki調べたりしてネタを仕入れておりました…勉強にはなりましたのーw
地元ではない悲しさで地理関係とかいろいろと誤解もあったと思うんですが、楽しんでいただけていたのなら嬉しいですね
ただ、これまでの積み重ねが武将みんなへの信頼に繋がっている部分もあるのかなーと…美希と真の安定感はこれまでの蓄積のなせる業なんでしょうし、ね
こんな感じでどのアイドルたちにも千早創世の世界での居場所を作ってあげられたなら、それはそれでこの物語は成功だったのかも…と思う今日この頃
りっちゃんは島津に行かれてたりしたら本当に合流できなかったんじゃ無かろうかとヒヤヒヤしましたw本当に、毛利に仕官してくれて大助かりですよw
ゲーム中はシビアに引き抜きとかしていたのに、バックストーリーがついただけで何かすごく深刻で残酷なことをしているような気がして、物語というものの奥深さというか不思議さを感じましたねぇ

伊織のシーンは、多分すごく寒いだろうなぁと…
そんな寒々しい景色の中の別れというのはさぞかし辛いシーンなのでしょうが、どくへび殿のイラストのおかげでさらに叙情的な感じが増したのではないかと思っております
伊織は毛利では恵まれていた部分と辛かった部分があって複雑な立場ではあったのですが、隆元の存在がすごく救いになっていたのでしょうねぇ…そして、当時の銀山の悲惨な実態を知っている以上、大森銀山で伊織が肺を患ったりするかも知れないと思っただけで、隆元としては居ても立ってもいられなかったのでしょう…
隆元はすごく深い愛情を伊織に対して抱いているようです。恋愛の部分もあるでしょうが、家族愛というかなんというか…本当に此処まで絆が深まるとは嬉しい誤算でした。
あと、確かに伊織の下男や用人がいたら確かに伏し拝んでもいいレベルでしょうなw
ちなみに真美の件はそれで正解です
海賊行為を働きながらやよいとか雪歩、萩原衆のピックアップなどの仕事をこなす真美マジエージェントw
ナベシマンは格好いいだけで貫くとやなヤツになるので、こまめに落としてますw
でも、きっとイイ奴…うん、イイ奴なんですよ、あの最後のアレも含めて可愛がられるタイプに違いないですw

私も最近はPVあまり見られてない…
このPVもほかのブログさんで紹介されてたんで、ふと興味を持って見たところではまりましたわー、東方の関係はあまり興味が無かったんですが、チルノの曲といいこの曲といい、なかなかにいい曲多いなぁ…

「アイドル」の件についてはまあ、オマケですw
ポルトガル人もアイドルという語を使うのかどうか…はてw
そのアイドルの物語中での筆頭たる千早と雪歩ですが、安東の代表として頑張っているちーちゃんは当然として、雪歩がしっかり自分の立ち位置を確保したのは見事ですねぇ
太郎ちゃんと一緒に千早という光の部分をしっかり支えて、揺るぎない信頼を勝ち得てるからでしょうか…
千早と雪歩の信頼関係も揺るがないものになっているのですが、それでも女の子としてのちょっとしたヤキモチは抑えきれないちーちゃん萌えw
プロフィール

かわづP

Author:かわづP
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
千早創世録人気投票その1
期間は10月31日までです
無料アクセス解析
千早創世録人気投票その2
期間は10月31日までです
無料アクセス解析
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。