スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろしてたら…

土曜日もこんな時間…というか日曜になってしまった上にむやみと眠いので、続きは朝になったらにしますのー

ということで続き…
土曜日は朝早くから保険屋が来たり、裏の庭木の雪囲いをしていたら日が陰ってきたり、ウソm@s用のネタだしのためにTRPGやったりと微妙に忙しくしておりました。
今週のノルマの本業の動画もまだほとんど作ってないのに、ウソm@s用の動画間に合うかしら…w

で、今週もちゃんと上がりましたのですが…



いきなりアルジェ主従が飛ばしておりますw
サウザー顔のスルタンは内面かなりお茶目な人のようです…というか、あれは絵理のことが好きすぎてダメなのかも知れないなぁ…出来がいい妹にいいようにやり込められる脳筋系の兄貴?
絵理さんの性格が原作からかけ離れてきているような気もしますが、まあ、非常にいいコンビのような気もするのでこれはこのままで行っときましょうかw
しかし、ハンガリーの将軍は一応真面目に仕事はしていたんだなぁと書いてる当人もびっくりだww

その将軍を失ったハンガリーですが、やはりこれまで一生懸命働いてきただけに少ししんみりした感じに…少なくともいおりんだけでもw…なっているわけですが、新将軍の登場で結局いつもの元の木阿弥になりましたw
「死んでも治らない」タグは考えてみるといやに秀逸だなと思わずにいられない…座布団を差し上げたいところですねww
そんなこんなで順調な東部戦線と対照的にデンマーク戦の方はいろいろと大変な事が山積み…
プレスブルグにスウェーデン軍が出現したことで一気に大騒ぎになったペーチュでありますが、美希としては非常にあの場に居辛い雰囲気であったことでしょう…珍しく弱気にならざるを得ないのも仕方のないところ
ボヘミアがまさか通行許可を出してるとは思わずに、実際にプレイしててびっくりした場面でもありますw
エリーザベトの影響力が落ちているという解釈にしましたが、これもまた時代の流れなのでしょうかね…
とりあえず、他国の決定に対して何も言う権利がないという原則は曲げないあずささんと伊織ですが、ボヘミアに対する感情は様々複雑なはず…この事が後々どうなるかはなかなか読めないのでございます。

でも、そんないろいろな思惑も意に介しそうがないのは我らの素敵なフランス様…
今日は律子さんを呼び出して大晩餐会…ではありますが、料理というより会話が生臭すぎてりっちゃんとしては非常に居心地が悪そうであります。春香さんとゆきぽ、いずれを選ぶのかと迫られていると言えばなんとなく百合の花が咲く三角関係なのかとも思いますが、背負っている物があるとまた話は全然違ってきますねぇw
ゆきぽのカスティーリャは基本的にはポルトガルを独立させたままにして使うという方針に見受けられますが、フランスと組むとカスティーリャの軛は外れるかも知れませんが、下手を打つと自国の存立が危ない…
というか、カスティーリャがポルトガルを飲み込むのを待って、フランスはカスティーリャを倒してイベリア統一を目論んでいるのかも知れない…そういうことも勘案すると、厄介な友人であってもゆきぽと付き合っていた方が国家のためにはいいのかも知れないですのー

そうこうしているうちに、ハンガリーはチャンダルと和平を結び、そしてオスマン領の侵食も止まらず…
なのですけれど、デンマーク戦の戦況も微妙に思わしいとは言えないわけで、オスマン側でもそろそろ和平があるのではないかと思い始めたタイミングで、見事にいおりんがオスマンにご訪問であります。
居合わせた絵理さんとしても都合があまり良くないわけですが、千早の態度や戦争に負けることの意味を学んだ点では大きな経験を積んだのかも知れません。
あと、あの状況で盟友として戦ってくれたアルジェに礼を言えるちーちゃんの態度は十二分に立派…ヒロインとして全く恥ずかしくない態度は彼女の成長の証なのでしょう。
伊織が心の中でぼやいたとおり、これが千早ちゃんスキーの心をくすぐるのですなw

で、今回のイラストは真さん~

128878086777716104764_eu3_makotob.jpg

露出が多いのですが、なんか色っぽいのもそうだけど可愛い感じもしないではない。
右中の表情のようにへへっとか言って照れてるところを頭ナデナデしてやりたいような気もするなぁw
ずいぶん大胆なスリットが入っていますが、動きやすくていいとは思うのだが、色々見えちゃわないのかとちと心配したり、胸のところがずり落ちたら大変だなーとか要らぬ心配をしたり…ww
なんていうか、真は実に可愛い妹みたいな感じで、懐かれてバカ兄妹のような関係になりたいのですよww

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
アホの子な響は可愛いですよね!。ただ本人に内緒でその路線で売り出すのがベターかとw。

いきなりハンガリー将軍死亡には驚きでしたが案の定の復活(?)。でも技名はちゃんと最後まで言ってあげないと喰らった人が可哀想だと思うなw。そういえばハンガリーはオスマンみたいに同じ顔グラでの代替わりがまだ無いんでしたっけ。まあ顔が変わらなくても、皆代替わりに心を痛める優しい子達なんですけど。ああ、いおりん優しいな…その優しさが変態を寄せてしまう要因の一つなんでしょうけど…w。

驚いたと言えばスウェーデン軍の本土侵攻にはびっくりです。地理的に攻められることは無いだろうと思ってたらボヘミアが通行許可出すとは。エリーザベトも辛いですね…これまでにもハンガリー絡みで色々と大変なことがあったのかもしれないと思うと、確かに文句は言えません…。あずささんも腰のお見舞いついでにでも会いに行きたいだろうなあ。

フランスでの晩餐会…春香さんは超楽しそうですが、呼ばれたりっちゃんは料理の味なんて分からない位精神的にきつそうw。結局同盟は結ばれませんでしたが、ポルトガルとフランスが接触した事実がカステラの耳に入ると面倒なことになったりしないかな…。実はそれがフランスの狙いだったりして…とか妄想すると、ああ楽しいw。

オスマンはとうとうギリシアも失ってエディルネが完全に孤立しちゃいましたね。遷都も近いのかな…。千早は我慢強くやってるんだけど成果が上がらず、それでも折れずに頑張ってる姿は本当にヒロインの鑑…雪歩や春香さんが国益度外視で肩入れしたくなるのが解る気がしますw。保護欲をくすぐられるというか、護ってあげたくなるというか。

設定画風ラストの真ー。
2のPV最初に見たときに、素で新キャラだと思ってしまったまこちんですけど、やっぱり短いのも可愛いなあ…。くしゃくしゃっと頭をなでたくなりますねw。しかしカイロでこの衣装は気候的に辛そうだ…。


次は絵理なんですが、来週はちょっと表紙描くの頑張ろうと思ってるのでお休みするかもです。とか言いながら普通に描いてるかもしれませんが。ぬぐぐ、来週の勤労感謝の日に頑張る…。


でわでわ。

Re: No title

> どくへび殿
いらっしゃいましー

> アホの子な響は可愛いですよね!。ただ本人に内緒でその路線で売り出すのがベターかとw。
響の場合は、普通に売り出そうとしてもトークでナチュラルにアホの子振りがにじみ出すぎて困ってしまうような気がしますw
しかし、なんであんな感じになってしまったんだ…ww
千早も一般常識的にはアホの子的な扱い受けること多いような気がしますが、響の突き抜け方はもうね…

> でも技名はちゃんと最後まで言ってあげないと喰らった人が可哀想
絵理辺りに、技名全部言うと版権とかうるさい?とか言われて止めてるんですよ、きっとw
あの顔で実際的には絵理にデレッデレなスルタンなんで、素直に言うこと聞いていそうです…南斗の帝王の顔なのにすっかり尻に敷かれて…ううっw
ハンガリー王だけはコーラスが何人か顔グラあるので顔が各代変わってますけれど、そろそろネタ切れですw
またサードから順繰り回すかどうするか…悩ましいですねー
アイドルたちは皆、自分が愛されているのと同じくらいに自分たちを愛してくれる人を愛しているので、失った時は、次の人が例え同じ顔、同じ性格だったとしてももの凄く心を痛めているのでしょうね…
伊織の優しさは本当にじーんと来ますね、あずささんも優しいのですけれど、それを乗り越える強さを同時に持っていて、伊織の悲しみを包み込んであげていそうな気がします…

> 驚いたと言えばスウェーデン軍の本土侵攻にはびっくり
自分でやっててもびっくりしましたw
まさかボヘミアに通行許可出されるとは…これでかなりお尻に火が付いた気になってオスマン締め上げるのを途中にして講和したのが実情です…やってくれますよねー
作中、エリーザベトさんは本当に良くやってくれていたのだと思います…ハンガリーとボヘミアの安定のために働き続けたということで、いろいろと見えないところで苦労もしてたんだろうな…
あずささんと伊織、さらにベルティエもそれを痛いくらいによくわかっているので、美希に対しても努めて優しく振る舞っているのでしょう…皆いい子たちですよね

> ポルトガルとフランスが接触した事実がカステラの耳に入ると面倒
ふふふ、面倒でしょうねぇ…
りっちゅんはこの世界に来て、本当に胃がきりきりと痛くなる体験しかしていないような…凄く気の毒な気もしますが、でも、りっちゃんでないと乗り切れなさそうでもあり、やっぱり適材適所なんでしょうねw
でも、実際せっかくの豪華な晩餐会だというのに物の味が本当によくわからないような体験だったんだろうなぁ…夢から覚めた後りっちゃんにしばかれそうですなw

> 千早は我慢強くやってるんだけど成果が上がらず、それでも折れずに頑張ってる姿は本当にヒロインの鑑
千早のヒロイン体質はもの凄いと思うのですよ…w
基本真面目な子で、歌以外にもちゃんと取り組めるくらいに余裕が出来て、そして愛情を受けていることに気付くだけの心の余裕を持つことが出来た千早は、完璧なヒロイン体質に変わるのだと思います。
保護欲をくすぐるのは…これは元々なのかも知れませんがww
とりあえず、うちの動画で得意なのは雪歩の千早に対する愛情でしょうかねー、実際もくっつけてみると相性は良いと思うんですけど、低ランク千早と雪歩のコンビはちょっと辛いだろうなとは思いますw

> やっぱり短いのも可愛いなあ…
可愛いんですよぅw
くしゃくしゃってしてやると、ネコみたいな表情で喜んでくれるんだろうと思うと、なんていうか、ずっとこのままでいいよって感じになります…
だから、2真に対して凄く複雑なのですなw
あれを見た心境は千早創世の太田さんみたいな感じ?w

> 次は絵理なんですが、来週はちょっと表紙描くの頑張ろうと思ってるのでお休みするかもです
絵理さんも楽しみですが、ご無理はなさらずー
表紙絵の話を某所で聞いてしまったら、そちらが凄まじく楽しみになっている自分ですのでw

夜が相当冷えるようになってきましたね

> ブログではお久しぶり
インスタントなやりとりは便利ですがそれだけでは満たせないことはやはりありますね、多少なりともじっくり考えられるのは重要ですw

> しっかりP付きとなることが彼女にとってどういう意味を持つことになるのか
きちんと描写してくれたら嬉しいなぁ。

> 新たな属性といえなくもない
ニコ的には春香さんに対する閣下と類似のものですかね。「今日の四条さん」なんてタグが生まれるくらいに「のめり込むと自重しない」キャラを得たとw

> 目が醒めた時少し大人びているかも知れませんね
児童文学にありそうなシチュエーション、いいなぁ。

> ある意味で彼が望んだ光景なのかも知れません
かわづPのやさしさが大好きすぎる。

> 美希論
これを書くのを忘れていました。
面倒臭がりやの美希が、友人からの「かわいい」という評価を受けて自発的に芸能事務所の扉を叩いたという事実から、美希は物語が始まる以前の段階で、変化に対する渇望、とまではっきりしたものではなくとも、「何かあるかも」程度の薄い期待感は持っていたに違いない、ということです。中ランクから高ランクにおいて突如として変化を志すようになったというわけでは決してない、と(ただし低ランクではどうしたいかがまだ見えていないようで)。
これもなかなか重要なことだと思うのですがうっかりしました。

> 大変嬉しいことなのです
こちらこそ、以前の貴音さんのに続き自分的まとめになってありがたかったです。

> 環境の部分も大きいのだなぁと
基本的に生物学徒なので「生物=氏×育ち」の考えが身に染みているのかもw
自分も二次創作したいと思いつつ特に現地人系で元世界と異なる条件で育ったキャラを考えるにすごく高い壁を感じてしまうのはこういう所があるからかなと。二次創作はシミュレーションであり、この子は育ちが変わったらどのような性格になるだろうか、とか、この子がこの性格を維持するためにはどのような育ち方を経てくればよいか、などを考えることになって躊躇してしまう、自分にはそれを成し遂げる自信がない、と。いえ、Pの皆さんにそんなこと考えて話作ってる人はあまりいないでしょうけども。なんというか、原理主義的というか、頭堅いですねw

> もっとこういった成長を書いていければ
ドラマのお仕事、とか、一夜の夢の中の出来事、という設定ではアイドル自身の成長を表すのはなかなか難しそうに思えますの。
とはいえ千早創世はドラマのお仕事とは言えゆきぽなどは配役内でと同時に配役を離れても確かに変わっていきました(すっかりちーちゃんスキーになっちゃいましたw)し、できないことではないのですね。そしてあずハンも一夜の夢とはいえ体感としては非常に長い時間を共にしている…そして亜美真美は「目が醒めた時少し大人びているかも」と…期待できる!

> なんとなく美希のイメージはアメノウズメになってきました
ほうほう…!?

> 来週まで我慢しますか?
我慢してるよー!(音量最大

> 略して「IE」!
なるほどw Netscape「Navigator」はポルトガルのりっちゃんあたりかなw それだとIEに負けるか…w

> 他国に恐れられていそうだなぁ
今あの陛下の騎兵隊に勝てる兵隊はいるんだろうかと思うくらいw

> 「皇帝騎兵第○連隊」
連隊番号をローマ数字を金糸で刺繍した隊旗を掲げて行軍するのを見たい…!


> 裏の庭木の雪囲い
地方色が豊かでありますw

> あれは絵理のことが好きすぎてダメなのかも知れないなぁ
かわづPの描くオッサンどもが皆に好かれる理由はここにあるんだと千早創世のごく初期からそう思ってますw

> 絵理さんの性格
この期に及んでまだNDSを所有しておらぬのですが、絵理さんDSの物語上765プロ唯一ラスボス扱いのいおりんと真っ向勝負できる剛の者だと聞き及んでいますれば、それはもう強かなのでありましょう…。んん、イメージで語るのはよくない…?w

> 少なくともいおりんだけでも
いおりんあの将軍にはあれだけひどい目に遭った(実害はないけどww)のにマジ優しいw

> 座布団を差し上げたい
やったー!(ぉ

> 美希としては非常にあの場に居辛い雰囲気であったことでしょう
スウェーデンに通行許可を出していたことを今まであずささんたたちに黙っていたのは同盟国として不誠実ではとまず思ったのですが、やがて美希ほどの者が言えなかったと考えると美希の心中はかなりいたわしいかもしれない…。

> エリーザベトの影響力が落ちている
エリーザベトは最期はせめてあずささんたちに見守られながらを願うばかり。

> ボヘミアに対する感情は様々複雑なはず
ミラノに続いてボヘミアまで…と、あずささんといおりんには不安感・焦燥感が渦巻いていることでしょう、腹を決めてこのまま二人で突っ走るしかないかな…あずささんの「ボヘミアの人がそれを選ぶのなら…私たちは何も言えないわ」という言葉も、美希だけでなく自身に向けられた自己確認・決意の言葉のようにも聞こえますね。

> なんとなく百合の花が咲く三角関係なのかとも思いますが
あまりにも緊張しすぎてて動画視聴中はそんなこと思いもよらなかったwwこわいようw

> フランスはカスティーリャを倒してイベリア統一を目論んでいるのかも知れない
フランク王国時代にはイベリアまで触手を伸ばしてたんですよなぁ。かつてフランスだった領土として平気で主権を主張したりしそうw

> 露出が多いのですが
まこちんは肩周りの色っぽさ一番ですじゃ…なんかこう、彫刻のような肉体美だけど、ダビデ像みたいなのではなくて、華奢で無駄なくきゅっと締まっていて、ヴィーナス像とも全く違った美しさがあり、やはり中性っぽいことによる独特の、何か…うーんー、めっちゃ好きなのです。

> 色々見えちゃわないのかと
回し蹴りとか踵落としとかされたいです。いや、してるのを見たいです。正面で。あれ、れ…。

ではではー。

Re: 夜が相当冷えるようになってきましたね

> てんやく殿
いらっしゃいましー
ツイッターとかIRCはブログのコメと違って、その場その場のやりとりですからねぇ、じっくり考察するには向かないメディアなのでしょうな、やっぱり

> きちんと描写してくれたら嬉しいなぁ。
そういうところを押さえてくれないと、本当にどうしていいものやら困ることになりそうですのぅ…

> ニコ的には春香さんに対する閣下と類似のものですかね。「今日の四条さん」なんてタグが生まれるくらいに「のめり込むと自重しない」キャラを得たとw
…考えてみればぷちますにおける貴音さんもそういうところがあるような気がw
なんだろう、そういう感じがどこかにあると思われている人なのか!?ww

> 児童文学にありそうなシチュエーション、いいなぁ。
あー、確かにありそうですねぇ
夢の中で豪快な女王様と楽しい冒険の時を過ごして、最後にすこし悲しいお別れをするとか…まさしくいい感じで児童文学のネタになるのかも知れないなぁ

> 変化に対する渇望、とまではっきりしたものではなくとも、「何かあるかも」程度の薄い期待感は持っていたに違いない
そうか…!
無気力の化身のようにすら思われる低ランク美希という印象がありましたが、内面ではちゃんと心が動き始めていたんですねぇ…そうなると非覚醒ルート後半の頼もしい美希への変貌も非常に納得できるような気がします
人は、変わろうと思った時に変わり始めているんでしょうね…

> 現地人系で元世界と異なる条件で育ったキャラ
その辺りは深く考えるといろいろ難しいので私はぶん投げてましたw
それでも、千早創世のキャラ付けは、自分なりに掴んでいたそれぞれのキャラのベースを戦国と言う時代に生きさせるためにスキルを付けさせたりして改変したものなので、あれが、育ちが違うアイドルたちの一つの回答ということかも知れないですね。

> ドラマのお仕事、とか、一夜の夢の中の出来事、という設定ではアイドル自身の成長を表すのはなかなか難しそうに思えます
でも、千早創世はリアルの1年半程アイドルたちにあの役柄を演じてもらったつもりですし、あずハンに至ってはまさしく邯鄲の夢状態なんで、やはり色々と変わるんじゃないかなぁ…
というか、ぶっちゃけ、書き手の彼女たちへの理解とか描き方が変わっていっているだけともいいますがw

> ほうほう…!?
アメノウズメは、猿田彦と相対した時に、手弱女だが顔を合わせても気後れしない(面勝つ)といわれたり、ご存じ、岩戸隠れではビジュアルクイーンぶりを発揮してみたり、霊力は大分高かったりと出来る子なので、美希はウズメっぽいというわけですなw

> 今あの陛下の騎兵隊に勝てる兵隊はいるんだろうかと思うくらいw
フランス重騎兵は強いです…なんといっても、倒しても倒しても湧いてくるww
あと、さすがにキプチャクハンこと、ジョチウルスの騎馬軍団も強いですよー…同数なら負ける気はしませんけれどw

> 連隊番号をローマ数字を金糸で刺繍した隊旗を掲げて行軍するのを見たい…!
うむ、見たいw
燦然と金糸で綴られたDTPNのスローガンと連隊番号の下に集う軽騎兵…うむ、ハンガリー軍は格好いいなw

> オッサンども
アイドルにひたすら「弱い」んですよねぇ…困ったもんだw

> この期に及んでまだNDSを所有しておらぬ
まあ、私もなのですけれど…876組…とくに絵理さんの性格はアレでいいのだろうかw
書いてるうちにどんどん自分的には可愛くなってきたのでいいんですけれど、なんか違うような気がするww

> いおりんあの将軍にはあれだけひどい目に遭った(実害はないけどww)のにマジ優しいw
うちの伊織は基本優しい子ですからw
…あずささんが非常に雄々しいのでなおさらそうなったという感じもしないではないですが、あずささんは母の優しさで、伊織は少女らしい優しさなのだということで一つw

> 同盟国として不誠実
確かにそういわれても本来は何も言い返せない場面ではありますのー
断りを入れにきたのは間違いはないのですが、自分、そして何よりエリーザベトが力を失っているという事実が言い出せなかったのでしょうか…信頼されていると思えば思うほどに言えなくなったのかも知れませんし、美希の心中は如何に、と言うところでしょうか

> ミラノに続いてボヘミアまで…
国家に真の友人はいない、という言葉もありますが、その言葉がしっくり来る状況を今まさに体験しているわけで…辛いところだと思います。実際にあのあずささんの言葉は、美希を落ち着けようというのと同時に、まさしく自分自身への言葉なのでしょうなぁ…
でも、他国の決定に異論を挟まない、というのは非常に立派で…他国にとっては恐ろしい態度だとは思いますw
こうして考えると、ゆきぽはずいぶん勝手なようでいて律子のポルトガルの面倒は見てやろうという態度のようですし、ムスリム国家の仲の良さは十二分に麗しいものだと思わないではないですねw

> あまりにも緊張しすぎてて動画視聴中はそんなこと思いもよらなかったwwこわいようw
怖いですよねw

> フランク王国時代にはイベリアまで触手を伸ばしてたんですよなぁ。かつてフランスだった領土として平気で主権を主張したりしそうw
ゲーム中でも、フランスの隣になるナバラとアラゴンはフランスと火種を抱えてて、争わないでいられると言うことがない土地なのでございますよ…カスティーリャも油断すると酷い目に遭うしなぁ…

> まこちんは肩周りの色っぽさ一番
真の色気はなんだろう…やっぱり中性的なものが大きいんですかねぇ…
お稚児さんみたいな危ない美しさと言えなくはないのですけど…なんか、アイマスキャラの中で一番複雑な魅力の持ち主なんじゃないかと思えてなりませんのー

> 回し蹴りとか踵落としとかされたいです。いや、してるのを見たいです。正面で。あれ、れ…。
その場所は私が代わろう…w
プロフィール

かわづP

Author:かわづP
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
千早創世録人気投票その1
期間は10月31日までです
無料アクセス解析
千早創世録人気投票その2
期間は10月31日までです
無料アクセス解析
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。