スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会うは別れの始まり

いよいよ冬ですねー、明日からしばらく雪が続くという天気予報が出ています…
雪そのものは決して嫌いな方ではありませんが、雪かき…車道の雪を寄せられたのを始末するのは大変ではありますな…あまり夜更かしできなくなるw
で、別にリアル人生でタイトルに関連したことが起こっているわけではなく、今回は動画の方からタイトルを付けましたw
あまり湿っぽいのはあずハンには似合わないような気もしますが…



今回はボヘミアからスタート
顔グラは若いままですが、実際は結構なおばあちゃまのエリーザベト、腰をやってからどうも歩行がままならないご様子…当時の栄養状況では、貴族といえども現代の一般人と比較してどうかというレベルなのに加えて、足腰が弱ると急速に衰えが進んでいたようです。
そこで衰えない頑健さがあれば大分長生きできるのでしょうが…
というわけで、動けないことで気持ちが塞ぎがちになっているエリーザベトのために、美希は車いすを用意してみました。この辺り、じーんと来るものが微妙にありますねw
でも、話し合われることはハンガリーの戦のこととボヘミアの行く末…コメでもありましたが、エリーザベトがもたらしたハンガリーとボヘミアとの間の長い緊張緩和は、ボヘミアの経済を安定化させ、発展させるのと同時にハンガリーという恐ろしい強国を育てることにも繋がりました。
しかし、エリーザベトにしてみればハンガリーはいかに大きな力を持っていようともボヘミアを裏切るということは考えられなかったでしょうし、あずさ&伊織の守護者コンビも基本的にはボヘミアを敵とする意志はない(ボヘミアが離反しない限りにおいて)とわかっている以上、最善のことを尽くしていたと思っていたことでしょう。
彼女にも自分の身体のことはよくわかっていたでしょうし、自分がいなくなったあとにボヘミアの進んでいく道とそれによってボヘミアがたどるであろう運命もわかっていたのかも知れません…そして、それこそが美希に短剣を託した意味なのでしょう。

そしてハンガリー、陛下不在のまま銃後の国務をこなすあずいおコンビですが、デンマーク戦の勝報を聞いても微妙にその表情はさえず…さらにデンマークを援助する大国の思惑も明らかになり、一層重苦しい雰囲気に…というところですが、とりあえず何も変わらない態度の司教はたいしたものなの…か?w
しかし、ある程度の覚悟はあったとは言え、ボヘミアからの悲報はあずいおコンビの心を一層落ち込ませたハズ…あのシーン、伊織は理詰めでその思考にたどり着いたようになってますが、あずささんがベルティエの様子がおかしいと看破したのと同じタイミングでは直感しているはずではあります。ですが、理詰めの結果、その直感が正しいという事実から逃れられないという時点まで認めたくなかったのだと思います。
あずささんは、自分の直感に最初から確信を持っていたのでしょう…何か変わった予兆を感じていたのかも知れませんね。

場面移ってフランスですが、いつも楽しそうで大変結構ですね、ここんちはw
というか、戦ってないと死ぬんじゃないかと思わないではないフランス王ですが、たまにはおセンチになることもあるのですw
強者は、自分と対等に戦える強者と戦って死ぬことを望んでいる…というと夢枕獏先生のような言いぶりなのですが、実際にそうなのかも知れないですね…
好敵手であったイングランドのメアリー1世を失い、いままた東方の大敵であるハンガリー皇帝が病に倒れたことを聞く…地上で再び相まみえることはかなわず、次は自分の番なのかも知れないと思えばヌヴェール討伐などいくらしても心は治まらないのかも知れません。
春香さんが傍に居ることでそういうセンチメンタルな感情を顕わすことが出来て、そして、このままではいかんと立ち直ることも出来るのかなとも思います…うーん、春香さんはありがたいなぁ

楽しそうと言えば、コンビ結成から楽しさ急上昇中のアルジェでありますが…スルタンはもうダメかもわからんねw
絵理さんがガンガン攻め込んで行ってるのに防戦一方とはどういう事なの…と思わずにいられませんが、頼まれてもないのに絵理さんの絵姿を作って配布しようとしていたのだから、多分すっかりマダスなんでしょうw
これもまた、おつむの出来のいい可愛い妹を持った腕っ節は強いが単純な兄貴のようなもので、絵理さんに全然かなわないんだろうなぁ…不思議に可愛い関係だと思いますww
そして、どくへび殿の絵理さんは可愛い…!!
太ももを惜しげなく露出しているのが、これがまた魅力を倍増なのですが…油断してるとショーテルでつんつんと突っつかれるんだろうなぁ…うーんw
ムスリムの守護天使には似つかわしくない身体のボリュームなんですが、身長体重を考えるとあり得ないことおびただしい…その辺りスルタンとかも気になっているのかも知れないけど、聞けないんだろうな…マダスだし。

場面一転して、クリスマス前日のハンガリー…
あずいおコンビの不機嫌ぶりはベルティエすらたじろがせていますが、それもやむを得ないところ。
聖夜の奇跡というタグがついていますが、これは、こういうことになったと言うことでご了解ください。普通の行程では1月…そのくらいはかかるはずです。
後世、間違いなく「大帝」と呼ばれる男の根底は、優しく、美しい初恋の人に自分をどうにかして認めてもらいたいというただの少年でした…生涯をかけて人生で最も大切な人のため、その人に立派になったねと褒めてもらうためだけに頑張り続けた男のためには、どれだけ陳腐と言われようとこういうシーンを用意したかったということです。
あと、蛇足ではありますが…
あずささんは「陛下の守護者」と自称し、そして「私の大帝陛下」と呼びかけています。
絵理さんが「スルタンのじゃない」と言っていたことと比較すると…ウラースローはこの上ない幸せ者ですね。

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは。
実はオスマン三羽烏が登場してないとシリアス路線に…とは口が裂けても言えない、ちーちゃんが凹みそうだからw。


エリーザベトも足腰だけじゃなく、かなり体が弱ってたんですなあ。この辺り、見届けるしかない守護天使達は辛いですね。特に美希とエリーザベトは戦友と言えるぐらいの関係だったと思いますし。短剣、そういえば設定画風イラストで描き加えたの自分だったかな…すごくえーかげんな理由で足した覚えがありますがw。

将軍が亡くなったのも最近ですし、ハンガリーは不幸が続いてる感じです。陛下も…数々の功績を残した人なので長生きだったと錯覚しそうですが、国王就任してからまだ16年程しか経ってないんですよね。しかし間違い無くハンガリーの英雄として、正史に留まらず伝説やお伽話なんかで語り継がれていく筈…。あずいお、間に合ってよかった。行程はもう、愛の力でしょうw。

フランスは相変らずの狂犬っぷりを発揮してて安心しましたw。たまに目的と手段が入れ替わってる気がw。とはいえ王様もやっぱり色々考えてるんですねえ。正直春香さんがいて戦争ができれば何でもいいんだと思ってた…(失礼w)。


今回のイラストの絵理さん。
完全に尻に敷かれてるスルタンが可笑しいw。尊大な態度は変わらないのにどんどん可愛い人になってるような。否、絵理がどんどん狡猾になってきてるのか…w。
地味にミニスカートなんですよね。ムスリムなのに大丈夫なのだろうか…なんて事を考えるのもうやめましたw。そういえばムスリムの4人中3人が青系のイメージカラーなんですよね。皆寒色系。まあ、青は収縮色だから仕方が無いよねちーちゃん…ってそのカノン砲一体どこk(ry。

次は、どうしましょ。次回に使えそうなイラストでリクありましたら是非。無ければ多分愛ちゃんかなあ。


でわでわ。

Re: No title

> どくへび殿
いらっしゃいませー
確かにオスマン三羽烏を登場させていない…かんしゃく起こりますね!
あの国の方々がいないと確かにシリアス路線なんだなぁ、国の状況から行くとオスマンの方々が一番シリアスでなければならないと思うのですけれどw
確かに千早が気付いたら大分凹みそうな事実ではありますねww

> 短剣、そういえば設定画風イラストで描き加えたの自分だったかな…
あの短剣は、エリーザベトからもらったということでどうかという話の流れになっていた記憶があるので、そのようにしてみましたです。どういう事からドラマが生まれるかはわからないものですねw
エリーザベトと美希はウマがあったというかなんというか、仲良しさんでこれまでやってきて、それなのにお別れしなければならないという辺り、本当に辛い思いをしているのだと思います。
ボヘミアの宮廷の中で色々なものと戦わねばならない美希にとっては、まさに「戦友」だったのでしょう。そして、エリーザベトにとってもそうだった証拠が、あの短剣なのかも知れませんね。

> 国王就任してからまだ16年
あー、そんなもんでしたか…ハンガリーの皇帝に就任してからはそれだとあっという間だったんだなぁ…
ウラースローはいろんなことをやって来たおかげで本当に在位が長かったようにも感じるんですが、あまりに若すぎる死となってしまいました…やっぱり前線に長く居るとどうしても寿命が縮むらしいですねぇ
そして、確かにあずハン世界のハンガリーでは、聖王様に匹敵するほどの偉人として親しまれる人になることでしょう…人間的にも十分過ぎるほど魅力的な人物として記憶されるはずですし、「ニンジン嫌いのウラースロー大帝」というだけで、おとぎ話とかのネタになりそうな人ですよねw

> 正直春香さんがいて戦争ができれば何でもいいんだと思ってた…(失礼w)
でも、あながちその認識が間違っているとも言えないのが恐ろしいところw
春香さんと戦争がなくなったら、多分元気がなくなって死んでしまいそうな感じがしないでもなく…相変わらず狂犬と言われれば否定できない振る舞いばかりしているので、少し元気がなくなってくれた方がいいと思っている国も多そうですけれどw
でも、いつも通りノリノリに見せかけて、ちゃんと国王陛下の心中の寂しさとかも読み取っている春香さんは、優しい子なんだと思います。

> 完全に尻に敷かれてるスルタンが可笑しいw。
だって、絵理に口で全然かなわないんですよ…尊大で横柄なのに守護天使にはコテンパンという何ともしまらない感じなのですが、ここんちも結構楽しそうではありますよねw
あ、楽しいのは絵理さんだけかも知れないなww

> 地味にミニスカートなんですよね。
ですねー、絵理の太ももはむやみと白そうだ…スルタン辺りは何も感じないのかしら…でも、余計なコト言うとまた絵理にやり込められるだけだから何も言わないのかな…スルタンは不憫ww
確かに寒色系のイメージカラーのアイドルばかりムスリム陣営に揃っちゃいましたねー、別に意図したわけじゃないんですが、不思議なものです…そうか、青は収縮色…な、なんだ千早、俺には飛び道具じゃないのk

> 次は、どうしましょ。次回に使えそうなイラストでリクありましたら是非。無ければ多分愛ちゃんかなあ。
愛ちゃんも見たいのですが、リクをしようかとw
ぐやじい~と言う感じで泣いてる小鳥さんor怒りのあずいおコンビに蹴り出されてる小鳥さんでお願いできますでしょうか、因果関係でいうと、蹴り出されてぐやじい~の順番ですけれどw
被害者が小鳥さんと言うことで、ギャグタッチで深刻にならないかんじのを一つww

いつもながらわがままなお願いばかりで申し訳ないです~
12/3用のイラストといい、今回の絵理さん、リク絵といいいつもありがとうございます!

かわづPは鬼じゃ…

…いいぞもっとやれ!

> 一晩じっくり寝ているならばきっと400年分くらいは
ふむふむ。

> ゆきぽの「保護」は非常に頼りになることだけは確実
ゆきぽの意志の強さがこんな歪んだ所でww

> それだけのパワーが愛ちゃんに備わっていると言うことなのかも知れませんが
この王様もやよいや亜美真美の所の王様みたいに愛ちゃんをかなり大事にしそうですよね…。

> アングロサクソンにしてももともと似たような地域の出だというのに
先に定住して守りに入った側の弱みですかねw

> 土地の収穫というものを重視していないのでしょう
あーなるほど…。

> まだ経験は浅いけれど真面目で優しい先生が担任になったような感じなのかも
ああそういう経験もいいですのう…。


> 美希は車いすを用意してみました
一度目の視聴で車いす無しには動けないほど悪くしていたのかと衝撃を受けました。ボヘミアでのエリーザベトの影響力の低下は会議にも出られないからだったのかと思うと暗澹たる気持ちに。元気なら宮臣や貴族たちを抑えて彼女の方こそが思うがままにしていただろうに、彼女ほど積極的で行動的な人がそれができないということは。徐々にそこら辺を理解するに至り三度目の視聴ではこのシーンの冒頭でもうグシグシです。

> エリーザベトがもたらしたハンガリーとボヘミアとの間の長い緊張緩和
彼女は歴史上幾度となく繰り返されてきたであろう政略結婚のお嫁さんなんですね…。
ボヘミア王妃(1411年6月~1446年5月)。36年間、おつかれさまでした。…まだ50歳そこそこだったのか…。

> 美希に短剣を託した
このやりとりの時点で長くはないことは見て取れたのですが、このシーンの終わり方からはもう少し保つものだと思ったのでした。今際のシーンを描写するにはまだ元気すぎると。しかしこれからわずか2ヶ月で。しかも死後の報告だけになるとは思わず。これが無念さを一層強く印象づけました(これはエリーザベトの無念なのか、てんやくの無念なのか…)。今一度あずささんに会わせてあげたかった…かわづPは鬼じゃ…。
しかしどくへび殿の何気ない一言からこんなエピソードを作るとは。さすが。

> 何も変わらない態度の司教はたいしたものなの…か?w
輝額w 聖乳はどうにか具体的な物体をごまかしましたが輝額は何をでっち上げるんだろうww

> フランス王ですが、たまにはおセンチになることもあるのですw
「もはや上杉謙信レベル」てコメに笑ったw

> コンビ結成から楽しさ急上昇中のアルジェ
ここも本当に楽しそうだww 絵理さんにとっては勝手知ったるヴァーチャルワールドと言った所なのでしょうかw
「退かぬ♪媚びぬ♪省みぬ♪」がなんだかいいリズムに乗ってる気がして心地よく…w

> おつむの出来のいい可愛い妹を持った腕っ節は強いが単純な兄貴のようなもの
いい関係性ですのうw

> どくへび殿の絵理さんは可愛い…!!
はい!
絵理さんの素朴な(?)エロスにうなされるw

> 油断してるとショーテルでつんつんと突っつかれるんだろうなぁ
似合う似合うwちょっとイタズラっぽい笑顔でwかわいいw

> 聞けないんだろうな…マダスだし
www

> 聖夜の奇跡
まぁ、伝令とかも、他国で起こったことを一瞬で報告してきますし?w

> 後世、間違いなく「大帝」と呼ばれる男の根底は
すてきだよう…すてきだよう;; これが描けるかわづPをやはり慕うのです;;
一周目はあずささんといおりんの涙目グラを直視できませんでした…。身勝手にもまず自分が悲しくて。他者の涙が自分の感情に介入するのを嫌がったものと自己分析しています…よくわからない心理状態ですが…あずささんたちと共に泣けばいいのに感情の共有のを拒んだのかと思うと自分に疑念を抱いてしまう…。

> 比較すると…ウラースローはこの上ない幸せ者ですね
見事な対比でありました…。

> 「ニンジン嫌いのウラースロー大帝」というだけで、おとぎ話とかのネタになりそう
なる!なります!時代を超えて人々に親しまれ慕われる王様…理想の王様だ…。

ではでは。

Re: かわづPは鬼じゃ…

> てんやく殿
いらっしゃいましー
自重しないのがよい所だと開き直ることにしましたw

> ゆきぽの意志の強さがこんな歪んだ所でww
うちのゆきぽはいろいろ病んでいる部分があるようなないような感じなんですが、春香さんとあずささんと互角に戦えるのはきっとゆきぽ位ではないかと思いますw
うちの動画の陰のヒロインはひょっとしたらずっと雪歩なのかも知れないなぁ…一番最初にプロデュースしたアイドルと言うことで、心のどこかにずっと引っかかっているのかしら?

> この王様もやよいや亜美真美の所の王様みたいに愛ちゃんをかなり大事にしそうですよね…。
大事にするのはそうだと思うんですが、保護者として大事にするというよりは頼もしい相棒として大事にしている感じなんでしょうか、情という部分がないわけではないんですが、愛ちゃんの才覚と気迫を愛している部分の方が大きいような人かなと。
こういう部分、デンマークの二人の関係は少し他国と違ってシャープなものなのかも知れないなと、職業としてプロになってしまったプロデューサーとアイドルとの理想的な関係なのかも知れないですねw

> 先に定住して守りに入った側の弱みですかねw
あー、どうしてもそういう所感じますねー
七王国時代初期のアングロサクソンはただの野蛮人としか思えないのに、デーン人来る頃になるとすっかり軟弱になってしまって…w

> 車いす無しには動けないほど悪くしていたのかと
もともと凄く活動的な人が、思うように動けなくなって、さらに自分の影響力が薄れていく…過去の人になってしまったという感じを日に日に強く感じるようになったら…それは想像以上に気力を萎えさせることなのかも知れません…そこに気がついたからこその車いすだったのでしょうけれど、一歩遅かったようです
美希はきっと、かなり辛い思いをしたと思います。

> 彼女は歴史上幾度となく繰り返されてきたであろう政略結婚のお嫁さんなんですね…。
晩年は影響力を落としたとは言え、元気だった頃はボヘミアの政策を反対派をしっかり抑え込んで親ハンガリーのままに止め置いた、紛う事なき女傑だったと思います。
実家であるハンガリーが完全に上り調子であった時期と重なっているとは言え、政略結婚で他国に嫁に行った女性でここまで頑張ったのはもの凄いことかも知れませんね。

> 今一度あずささんに会わせてあげたかった
ろうそくの最後の炎と言うこともありますから…
ウラースローもそうなんですが、どうもこの一族は活発的な性格がでると弱っている自分を見せたくないという反骨心が出るのかも知れませんね。内心は会いたかったのに違いはないのでしょうが…
あと、エリーザベトはハンガリーのために頑張っていたにせよ、死に臨んでハンガリー王の娘ではなく、今まで自分を愛し、敬ってくれたボヘミアの王妃として死ぬために敢えて知らせなかったのかもしれませんな…
この、死に目に会えなかったことが、ラストの聖夜の奇跡に繋がる…とは偶然ですがw

> 輝額w 聖乳はどうにか具体的な物体をごまかしましたが輝額は何をでっち上げるんだろうww
輝く知性と言いますし…ww

> 「退かぬ♪媚びぬ♪省みぬ♪」がなんだかいいリズムに乗ってる気がして心地よく…w
絵理さんは、スルタンの口癖をしっかり茶化しているというのにこのマダスと来たら…
最初は腹を立てていたのかも知れませんが、慣れてしまったのでしょうか…すっかり飼い慣らされてしまって…w

> 似合う似合うwちょっとイタズラっぽい笑顔でwかわいいw
絵理さんは、あの立ち絵のいたずらっぽい笑顔と勝ち誇ったような笑顔が可愛くて…なので、スルタンを言葉でちくちくといじり倒しているんだなぁ…w

> 他者の涙が自分の感情に介入するのを嫌がったものと自己分析
怒りというのが一番わかりやすいのですが、他者が自分より先に感情を昂ぶらせてしまうと、かえって自分で感情を昂ぶらせることが出来なくなったりしませんか?
それと似た精神状態なのかな、とも思います。
あと、悲しいとか、無念という感情はやはり孤独なものなのかも知れないとも思いますね。

> 時代を超えて人々に親しまれ慕われる王様…理想の王様だ…。
ウラースローは、いい男でした。
少しでも魅力的な人物であったと思っていただけるのであれば、作者としてもこの上ない幸せですね。

No title

こんにちは。
遅れちゃいましたがリク絵できましたー。

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/007/204/85/N000/000/000/129137289412416231221_piyopiyoa.jpg
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/007/204/85/N000/000/000/129137291136716319630_piyopiyob.jpg

悔し泣きはいいけど、ぱんつ見えないように気をつけてくださいね小鳥さんw。


でわでわ。

Re: No title

> どくへび殿
いらっしゃいませー
リク絵仕上げていただきありがとうございました!
というかなんて可愛いんだピヨちゃん…でも、20を遙かに過ぎてその泣き方はちょっとアリなのかナシなのか私には判断苦しむよww
パンツが見えても恥ずかしくない…?w
というか、事務所でもアイドルにやり込められたりしてこんな感じで泣いてたりするんだろうか…ああ、マジでピヨ助は可愛いなぁw
しかし、今週は大分忙しい思いをさせてしまったと思うので申し訳なく思っております…本当にありがとうございました。
45話分はもうイラストいただいているので、少しゆっくり出来るでしょうかw
プロフィール

かわづP

Author:かわづP
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
千早創世録人気投票その1
期間は10月31日までです
無料アクセス解析
千早創世録人気投票その2
期間は10月31日までです
無料アクセス解析
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。