スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬ですねー

といっても、まだ雪が本格的に降ってないのでらしさ、と言う部分ではまだまだですけれど…
とりあえず、寒いですw

と言うわけで今週もあずハンは無事に上がったわけでありますが…



とりあえず、お姫さま抱っこされるいおりんマジヒロインw
いおりんの「ひええっ」と言う顔と好対照なあずささんの嬉しそうな顔がなんともはや…ハンガリーであずささんを止められる人は誰もいないという特権的な立場をいいことに、欲望のままに振る舞っておられるあずささんはマジ専制君主?w
こんな衝撃的なイラストをサムネに使わせていただけて幸せですぅ!
でも、いおりんは履いてないように見えるなぁ…あずささんにとっては好都合なのかも知れませんが、ヒップラインが出ないように、結構えぐいカットの下着を履いているのかしら、いおりん…

さて、今回はイベリア半島の二人組からのスタート
モロッコの金山を手に入れて有頂天のゆきぽですが、確かに言われてみるとトレドにも金山あったなー
まあ、サスの金山を手に入れることによって初めて金本位制に踏み切ることが出来るようになったという解釈で一つお願いいたしたいところ…
ただ、カスティーリャはいくら大国と言えど、一国だけで金本位制に転換したとしても銀本位制の経済圏が隣に大きく広がっているわけで、不利は否めない…というわけで、貿易立国ポルトガルを巻き込んで、金本位貨幣の流通圏拡大と金貨の安定供給を図ることとしたわけであります。
今後、史実では新大陸から欧州に銀が大量に流入することで銀の価値が下がるわけですが、その史実を踏まえるとここで、銀を多量に欧州に持ち込んだ当事者であるカスティーリャ(スペイン)が金本位制にしておくというのはかなり黒い決断ではありますw
で、金山以外の金貨の供給源として狙うは、金の流通が豊富なイスラム諸国と隣接し、自国も金を産出してどちらかと言えば金本位制に近い大国、ハンガリーの富…鉄を金に換えるというのは商業による正当な錬金術ですねw
しかし、ゆきぽは黒いというか、やり手だなぁ…りっちゃんが圧されてる感じになってるのはやり過ぎかも知れぬなぁ

お次は国勢を盛り返して気勢上がるミラノですが、絶好調のドゥーチェと比較して浮かない顔なのは美希…美希としては親ハンガリーでぶれていないので、ミラノの外交攻勢は正直あまり好ましく思えていないご様子です。
ミラノとハンガリーが友好関係を保ったままであれば話は全然別だったのでしょうが、ボヘミアがハンガリーから離れようとしているいま、ハンガリーとしっくりいっていないミラノと手を組むことには客観的に見ても損得をよくよく考えた方がいいというのも事実ですので、美希の態度は責められはしないのでしょうが…さて
ドゥーチェ的には東に火種がまたくすぶり始めた今、ハンガリーが西に介入することはないという読みなのでしょうが、欧州情勢はそれほど単純に行くものかどうか…w
でも、とりあえずあの頽勢からここまで国勢を復活させたのは偉いと思いますがww

そして、主人公国ハンガリー…
陛下は若さからか失言が目立ちますが、それでもあずささんは陛下に対しては拗ねて見せたり可愛い所を存分に見せておりますねw
こんなに美しくて可愛い女神様にすぐ側で守護してもらえる陛下は幸せ者以外の何者でもないのですが、それでも、たまに荒ぶるお茶目な所もあるので気を付けないと…ベルティエのような目に遭うことになりますなw
ただ、いおりんとのきゃっきゃうふふを間近で見せつけられて鼻血を流す陛下は、やはりまだまだ未熟者かも知れませんのー
そんなこんなでいつも騒がしいハンガリーにやってきた貴音さんですが、いきなり新帝陛下の愛くるしさにやられているご様子…でも、ごくごく自然に好ましいと感じただけであって、邪悪な想念はとりあえずどこかの腐人と違って持ち合わせていない…ようです?個人的には意外と相性良いんじゃないかと思ってますがw
して、貴音さんが来たのとほぼ同時に東方でもめ事が勃発…小国同士の他愛もない小競り合いではありますが、周辺諸国の思惑が絡むと容易に燃え上がる大変危険な地域と現在の小アジアはなっておりますので、ハンガリーとしても見逃すわけにはいかないのでありますな…真がキプチャクと争って痛み分けに終わった間隙を突いての展開ですが、正直、オスマン側としてはタイミングは悪いはずです。

だがしかし、そんなオスマンを見捨てないのが真の王子様体質なんですよな…
スンニ派諸国連合がほぼ参戦するという展開もどこ吹く風のハンガリーに対抗して、キプチャクと戦って国力をすり減らしたはずの真が千早を守るために迷わず参戦です。
これも、響がキプチャクにケンカを売ってるおかげとなると、ムスリム勢も宗派に関係なくそれなりには助け合っているようにも見えますねw
千早としてはオスマンが食われている間にとにかく他国が力を付けて欲しいところでもありますが、攻められる度ごとに救いの手を差し伸べてくれる真たちには本当に感謝しているはず…あんなスルタンや将軍たちだってきっと思いは同じハズ…だ
でも、最後まできっとここんちはこんな感じなんだろうなぁ…ww

で、ダメだと言えば最近ダメ度が急上昇中のアルジェのスルタンですが、やっぱり今回もダメだったよ…
マダスは話を聞かないからな…
しかし、仲の良さという点ではかなり良い線いってると思います…変にかみ合ってるというか、絵理さんがスルタンの調教に成功したというか…餌付けまでしてるのかと感心せざるを得ないw
はっきり言ってアルジェのスルタンはうらやましいですね!かんしゃく起きます!!

久々に、今話終了時のマップのスクショですよー
http://www1.axfc.net/uploader/Sc/so/182332.zip

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
冬は代謝機能が高まるので減量するにはいい季節とか。禁酒…自分には無理だなあw。


りっちゃんがトレドにいるとまた呼び出し喰らったのかな?と思ってしまいますw。実際呼び出されてましたけどw。お隣の超大国の事とかを考えると、軍事以外の所でもイベリアで団結しておくのが賢明なんでしょうね。とはいえカステラ様の属国のような扱いになってるポルトガルは少々気の毒かも…振り回されてる内は安全が保障されてるという見方も出来ますけど。りっちゃんは新大陸行が待ち遠しいでしょうねw。

スイスからシュヴィーツ分捕ってたりイタリア中部ほぼ掌握してたり、一体いつの間に…って感じですが、これでクビにされることは無さそうかなドゥーチェw。親ハンガリー派の美希としては困った事になりましたけど。うーん、今西側が安泰でもハンガリーの東征が一段落して、さてその後はと考えると…。国土の拡大で軍事力も今以上に強大になってる筈ですし、北イタリア周辺はもう焦げ臭いような…w。

オスマンはもう単独で戦争を出来る国力は無さそうで…むむ、単純にプロヴィンス数だけならミラノと変わらないんですな。それでも真が気にかけてくれてるので千早もそれほど沈まずにいられるのかもしれませんね。あー勿論オスマン三羽烏もw。
成程、胸の慎ましさは清廉の証、つまり逆に考えればちーちゃんに足りないのは欲望うわちーちゃんどこからもってきたのそのショットガn(ry。

アルジェのスルタンはやっぱりかわいいw。素直にあーんして貰えばよかった…とか夜中に後悔して唸ってそうw。


今回のあずいおイラスト~。
欧州三大女神&天使はやりたい放題だなあ…w。しかしあずささんは魔法少女にどんだけ拘ってるのかとw。
いおりん、ちゃんと履いてる筈ですがあずささんに脱がされた可能性も…天使と女神だからはずかしくない!

次も何かリクエストありましたら…というか年内はリク絵だけにするのもいいかなと。年明けには涼ちんも描けるでしょうし。ということで何かありましたら是非。


でわでわ。

Re: No title

> どくへび殿
いらっしゃいましー

> 冬は代謝機能が高まるので減量するにはいい季節とか。禁酒…自分には無理だなあw。
米軍の冬季戦用MREレーションはカロリーがものすごいと聞きました…体温維持のための代謝が増えるせいなんでしょうねぇ…こちらの冬はそれに加えて雪かきという重労働があるのでさらに余計なカロリーを燃焼しやすく…なるかと思いきやその分腹が減るので辛いという話もありますw
でも、北国はガンガン暖房入れちゃうので基礎代謝もあんまり高まらないのかもしれない…暖房の温度下げるとなかなか辛いし、うーむ…
あと、禁酒はほぼ無理…かもw

> とはいえカステラ様の属国のような扱いになってるポルトガルは少々気の毒
りっちゃんとしては自国の自尊心と安全保障を天秤にかけている心境なのかも知れませんなー、属国のように扱われているとはいえ、カステラ様が頼りがいのある親分であることには間違いはないわけですし、ここら辺は地主と小作農の関係に近いモノがありますねw
たまに無茶は言うし、りっぱいは傍若無人に堪能してくるとはいえ、ある意味ポルトガルと上手く行っていないとカステラ様の経営も立ちゆかなくなるという運命共同体…りっちゃんは新大陸にいち早くエクソダスする事で自国のありがたみをゆきぽにわからせようとしているのかも知れませんのー

> これでクビにされることは無さそうかなドゥーチェw
ドゥーチェは一体どうしたのかと言う感じですが、なんだろう、あずささんと疎遠になったら急に国勢が回復したような…超大国と同盟していると言う甘えがなくなって覚醒したのかしら?
まあ、周辺諸国の盛衰の循環に上手く乗じたと言うことなのかも知れませんが、見事な手腕です。
とりあえず、これで吊されることはしばらく無いハズではありますが、やっぱりこの後は怖いですねぇ…北イタリアは豊かな土地ですし、ハンガリーが来なくてもフランスが来る可能性が大きいですからのー
そこを保ち続けるのはミラノではまだ荷が重いかも知れないし、その戦いに負け側になる可能性が大きい国の味方として巻き込まれると思えば美希の顔も優れないはず、うーん困った。

> 単純にプロヴィンス数だけならミラノと変わらない
変わらないんですよ。でも、州の質が良くないんですよねぇ…小アジアは本来穀倉地帯でご飯食べるには困らない土地らしいですが、経済的には北イタリアの足下にも及ばない…シリアとか持ってれば別なんでしょうが、そちらは元から真が押さえちゃってますしねー
まこちんは本当によい子で、千早の次は自分という理由をさておいても千早のために手を差し伸べております…根っからのお人好しヒーロー体質なんでしょうか…w
オスマン三羽烏も、きっと千早のためを思ってああいう言動を繰り返しているはず…だ…そうは見えなくてもきっとそうなんだ、うん…無理があるかなw

> つまり逆に考えればちーちゃんに足りないのは欲望
千早は実際の所欲望が強い方なのだろうか、それとも頓着しない方なのだろうか…?
あるものを失うことに対しては抵抗するけれど、新たに手に入れるものにはそれほど執着しない…のかなぁ…特に低ランク時は過去を向いて生きている印象がありますし、どうなんだろう??
まあ、スルタン理論で言うと間違いなく欲望は慎ましいハズなんですけれどw

> アルジェのスルタンはやっぱりかわいいw
可愛いヤツですよねー
絵理があーんしてあげてるのを拒絶できるそのやせ我慢は褒めてやってもいいですが、サウザー顔であーんしてもらってるなどと、その場に居たら爆笑してしまいそうだw
しかし、アレを手なづけてしまった絵理さんパネェッすww

> ちゃんと履いてる筈ですがあずささんに脱がされた可能性も…天使と女神だからはずかしくない!
あずささんは手が早いな…でも、いくら天使と女神とは言え、陛下の教育にはあまりよろしくないと思うんだw
きっと、鼻血だらだら流しつつ、顔を覆った指の隙間からガン見してたに違いないww
というか、天使とそういうことをしてしまう女神様というのもそれはそれですごいな…でも、ギリシャ・ローマ神話の神様とかってものすごく奔放だし、それもアリなのだろうなぁw

> 次も何かリクエストありましたら…というか年内はリク絵だけにするのもいいかな
年明けと言わず、実は24日アップ予定の47話でとうとう涼ちん登場ということで、どうぞ涼ちんをw
でもそうか…48話で今年も終わっちゃうんだなぁ…

No title

No title

毎年いよいよ暖房費が心配される時期の到来しつつある中もはや実用可能な量の石油を生産する藻が発見されたというのでwktkが止まらない今日この頃。

> 今回の陛下の態度は
なるほど、面白いです。

> 貴音さんにもとうとう「リトアニアの」相方が
リトアニア出身のポーランド王家がリトアニアを捨てた(とまでは行かない?)となると宮廷では相当の闘争があったんでしょうかね。

> それも非常にイケメンボーイ
ですねwまだこんなキャラが残ってたのかとびっくりしましたw

> ピヨ助ですがいきなりヒドイ扱いを受けています
ぴよすけとその周りはもうわざとやってるだろwwwってくらい噛み合ってますねw

> ぺたん座りでムキーッてなってるどくへび殿のピヨ助は犯罪的に可愛い
嫁にしたいほどかわいいのに嫁にいけない理由が解るような解らないようなww
って書いてる間にジュリキチからおめでたい報告が!!おめでとう!!小鳥さんも連れて行ってあげてぇ!w

> すっかり敵役のデンマークですが
このシーンもこれだけ短い尺にこれだけの葛藤や緊張を詰め込めるってすごいですのう。

> 第三次ウソm@s祭りということで1本投下
やはりかわづPはどんな動画を作ってもかわづPであるw非常に楽しいw
それに南都さんとかムッチーとかwwあんなオッサンたちが職場にいたら楽しそうですw 南都さんは配役を離れてもちーちゃんのこと微乳って言ってるし…いいのか!w


> お姫さま抱っこされるいおりんマジヒロイン
これねえwあずささんといおりんの本当に幸せな絵で、サムネで見た瞬間に泣いちまいましたよ。もう何度言ったか分かりませんがどくへび殿はすばらしいです。その後も動画見るのがなんかもったいなくて金曜中には見られなくて、見たのは土曜になってからなんですよねw

> ヒップラインが出ないように、結構えぐいカットの下着を履いているのかしら
セレブがやたらにエロい下着を着けてたりするっていうあれですかw
しかしそれでもなおいおりんはあんまりエッチくないんだけど、そんないおりんがまた大好きなんだ…。

> ゆきぽは黒いというか、やり手だなぁ
ここら辺はゆきぽなら高校の世界史の授業で習ったばかりとかいうこともありそうですかねぇw

> それでもあずささんは陛下に対しては拗ねて見せたり可愛い所を存分に見せておりますね
これはババアと呼ばれたとしてもあずささんまだまだ実際はの余裕ですよねw

> 欧州情勢はそれほど単純に行くものかどうか
ドゥーチェに外交をやらせるな!ですねw

> あの頽勢からここまで国勢を復活させたのは偉いと思いますが
ドゥーチェは内政だけやってろ!ですねw
いやでもスイス切り取るとかすごいじゃないですかw

> いおりんとのきゃっきゃうふふ
いおりんの着衣の乱れがYABEEEEEEEE! いいんですあずささんもっとやってあげてください…。

> 鼻血を流す陛下は、やはりまだまだ未熟者かも知れませんのー
古典的な漫画的反応がかわいい陛下であることよw そんな彼が「ふぅ…」とか言い始めたら泣いちゃうww

> ごくごく自然に好ましいと感じただけであって
自分もそんな貴音さんを好ましいと思うのでありますw
新帝陛下といい貫太郎Pの千歳くんといい、貴音さんと上流の礼儀正しいショタはなにやら安心感というかとてもよい空気を醸し出すすてきな取り合わせに思えますw 貴音さんの気品は年少者のいやらしくない慕情を発生させるのに適しているというのでしょうか、てんやくも若返って貴音さんのお婿さん候補になりたいですw 将来はヤーネフェルトの王配殿下だぜヒャハーなんて風には思わずw

> 真の王子様体質
この子はまったくしょうがないなwでもそこがいいところなんですけどね、と言う外ないのがどうにもまこちんですなw

> 最後まできっとここんちはこんな感じなんだろうなぁ
まったく救えない連中であるなwwむしろ初めから救われているのかww

> アルジェのスルタンはうらやましいですね
年齢の離れたかわいい子との他愛もないいちゃいちゃ、アルジェもまたすばらしい「おっさんファンタジー」(誰だこんな言葉を考えついたのw)を具現化しておりますなwこれが実に「アイドルマスター」らしいw

ではではー。

Re: No title

> どくへび殿
いらっしゃいましー
とうとう、アイドル勢最後の一人となっていた涼ちんも登場間近でありますが…
う~ん、とてもイラストの涼ちんが美人過ぎてああいう登場のさせ方で良いのかどうか悩んでしまうなぁw
涼は歪氏の立ち絵でもそうなんですが、顔立ちがすごく優しいので男女問わずに人気ありそうなんですよねぇ…イラストでは手にものすごく物騒なもの持ってますけれどw
しかし、衣裳も相まって中性的な魅力に満ちあふれているのう…男女どっちでも通用するというあたり「天使」としての素質に一番満ちあふれているのか…ww
オーストリアあたりの人に見せたら大変な事になるのではないかと少し不安w
どうもありがとうございます~

Re: No title

> てんやく殿
いらっしゃいましー
冬期間は電気料が夏場の最大3倍に膨れあがるオール電化住宅居住中ですw
ブーストかけるのにちっちゃいファンヒーターも置いてるので完全脱灯油とはなっていないのですが、昨今の原油価格だと灯油もバカにならない高さになったりするので、電気と灯油、どちらが得かはわかんないですねー
石油はとどのつまり炭化水素…水素と炭素から合成できるハズなので、空気中の二酸化炭素と水中の酸素でもう一度合成し直せるはず…そのプロセスにかかる時間を速くできれば地球温暖化もそう問題ではなくなるはず、だ
なんといっても経済活動で輩出された二酸化炭素は、元来地球にあったものなのでもう一度石油や石炭として固定してやれば理論上は環境負荷0ですからのーw

> なるほど、面白いです。
これまでのハンガリーの陛下たちはもう既に人格とかが完成していたのですが、ラースロー陛下はまだまだ発展途上です、その辺りの事も書いていければいいんですけれど、さてw
性格的にひどい性格ではないのですがいろいろと頼りない部分とかで、けっこうあずささんとかいおりんの手を煩わせる部分もないわけでは無さそうですが…ねぇww

> 宮廷では相当の闘争があったんでしょうか
穏健な考えで言うと兄弟でそれぞれ相続したという考えもありますが、同君連合解消の条件はいまいちよくわからんのですよ、相変わらずポーランドとは仲が良いのでケンカ別れというわけでは無さそうですが、チュートン騎士団がおとなしくなったので、リトアニアの貴族層がクラクフの宮廷から距離を置きたがっていたのかも知れないですね。
あと、やっぱり貴音さんがリトアニアという国にこだわっていたのが大きいのかなw

> まだこんなキャラが残ってたのかとびっくりしましたw
で、実は原作だとオスマンのスルタンの次に来る王様だと言えばもっと驚くのかも知れないw
実際には王家が違うので顔は似てなくて当然なんですがw

> ぴよすけとその周りはもうわざとやってるだろwwwってくらい噛み合ってますねw
ピヨ助は…いつか絶対訴えられるレベルだなぁw
周りが皆優しいのでそういう事態になっていないだけだと言うことをもっと小鳥さんはありがたがってもいいんじゃないかと切に思いますw

> って書いてる間にジュリキチからおめでたい報告が!!おめでとう!!小鳥さんも連れて行ってあげてぇ!w
おめでたい話ですよねー、ただ、小鳥さんはこのネタでさらにいじめられることは確実w
それに小鳥さんの結婚できないネタはおいしい持ちネタですからねぇ…そうそうは手放せないはずだww

> それに南都さんとかムッチーとかwwあんなオッサンたちが職場にいたら楽しそうですw
南都さんは、いかりや長助さんみたいな感じのドラマとはあまり関係ないバラエティとかの大御所で、もともとああいう性格だったとか、ムッチーは外国人ネタで生きている海外から来たタレントさんだとかいろいろとバックストーリーは考えられますねw
とりあえず千早と言えど、自分が子供の時から見てる大御所のオッサンが自分が「微乳」と言うことに反論できないのではないでしょうか、「微乳」は南都さんご本人の発案になるモノでしょうし、これはどうしようもないのかも知れないなぁw
とりあえず、あの765プロは賑やかそうですねww

> あずささんといおりんの本当に幸せな絵
とりあえず、あの絵面の時点では幸せなのはあずささんだけなんですがw
素直にじゃれ合うことが出来ていると言うことは本当に幸せな事なんだと思いますのー
やよいおりの親和性の高さは万人認める所ですが、あずいおも同様に良くかみ合うというか、結構理想的な組み合わせなんだと思いますのー
しかし、どくへび殿の描かれるアイドルたちの表情の活き活きしてることと言ったら…たまりませんな

> しかしそれでもなおいおりんはあんまりエッチくないんだけど、そんないおりんがまた大好きなんだ…。
いおりんのおみ足は健康美の方が印象強いですのー
あのお尻だって、いやらしいと言うよりなぜか微笑ましいくらいだし…んー、この気分はなんだろうなぁw
同い年とは言え、美希ならまた感想違うと思うんですけれど、ねww

> ここら辺はゆきぽなら高校の世界史の授業で習ったばかりとかいうこともありそうですかねぇw
そういうこともあるかも知れませんのー
考えてみればちょうど知識を得ている時期なので、なおさらに面白く感じているのかも知れないですね

> これはババアと呼ばれたとしてもあずささんまだまだ実際はの余裕ですよねw
陛下はあずささんに甘えていますし、あずささんも陛下にだだ甘なのでまったくもってじゃれ合いの域からはみ出していない…それに、陛下から見てあずささんが「少女」を自称することには無理があるのは事実ですしのー
それにしても、「魔法美女」とはよく言ったモノだww

> ドゥーチェは内政だけやってろ!ですねw
ドゥーチェはどうしてしまったのか、あの展開は正直本当にびっくりです。
ヴェネツィアに奪われていた失地も回復してるし…かれに何が起きたんだろうかw

> 古典的な漫画的反応がかわいい陛下であることよw そんな彼が「ふぅ…」とか言い始めたら泣いちゃうww
ラースロー陛下は純真ですからねぇ…あずいおのきゃっきゃうふふは刺激が強すぎるんじゃないでしょうか…
ベルティエは日常茶飯事なので冷静に見ていたようですが、陛下の教育にも良くないんだから止めてあげなさいよとw

> 貴音さんの気品は年少者のいやらしくない慕情を発生させるのに適している
あー、なんとなくわかりますw
貴音さんはやっぱりお姫さま体質で、お姫さまを護る騎士志願の少年たちの心をわしづかみにするだけの何か…カリスマなのでしょうか…があると思うのです。
貴音さんも礼節や献身という徳に価値観を置く者として、そういう徳を全身で表現する少年たちを好ましく思うのは最早必然…うん、素直な美少年が好きというピヨ助のような単純な思考ではないと思うんだw

> この子はまったくしょうがないなwでもそこがいいところなんですけどね
うちの真はあれで毒舌な部分もあるんですが、本当に困っている人に対しての面倒見の良さはきっと一番だと思います。Pとか小鳥さんがやり込められている時でも、きっと助け船を出してくれるのは真でしょうなー
そこが可愛くて仕方ないという所以なのですけれどw

> まったく救えない連中であるなwwむしろ初めから救われているのかww
最初から涅槃に入っていると言うことですねw
ある意味、この世界での一番の勝ち組なのかも知れないなぁww

> すばらしい「おっさんファンタジー」
なんという…その言葉が表している世界の適切さよ…w
アルジェはきっとファンタジーの極致…オスマン帝国も仲が良いんですが、それよりももう少し危うい感じがなんともはや…ww
んー、やっぱりアルジェのスルタンが完全に尻に敷かれているせいなんだろうなぁ…
プロフィール

かわづP

Author:かわづP
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
千早創世録人気投票その1
期間は10月31日までです
無料アクセス解析
千早創世録人気投票その2
期間は10月31日までです
無料アクセス解析
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。