スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとだけ暖かくなってきた

って、もう5月も中頃なんですねー
横浜町の菜の花とか、津軽地方ではりんごの花とか咲いてきてますから季節は移り変わっているはずなのに、どうもそんな気がしない…ずっと天気がぐずついてて、気持ちのいい日があまりないからかしら…
こういう天候って、頭とか重くなっていやですのー

ま、そんな事は関係なく動画はどんどん上がるのですけれどw



今回はドイツはヘッセンからのスタートでございます。
フランスの脅威がひたひたと西方から迫っている事を感じて戦々恐々のやよいとアドルフ氏ですが、その原因を作ったハンガリーのイタリア戦役の分析も怠りません。
やよいは、善悪はともかくとして歴史上名を残した政治家を先生にして、実際の各国の行動から、その戦略や判断基準を読み取って自国の戦略に活かすという実習を受けているといえなくもないわけで、考えてみれば恐ろしいほどの贅沢な環境なんですよねw
そんなハンガリーにやってきた愛ちゃんですが、一言言っただけで背後にある要望や自国から提供するつもりだった条件を見破られて大慌てであります。デンマークの王様は歴代切れ者ですが、教育者としてはアドルフさんの方が才能あるみたいですね…え?ドゥーチェは教員免許持ってた?w
ヘッセンの主要産業は何か?といわれると、実は傭兵業といわれるくらいだった…というのは本当は時代がもう少し下がるんですが、ジャガイモもまだないこの時期に微妙に生産力低いドイツで産業というとなかなか…スイスも似たような感じですが、こちらはこの時期もうすでに傭兵で名を上げてるんですよねw
というわけで、イングランドをけしかけて北欧を更なる混乱に陥らせ、混乱に乗じて旧領回復を狙うデンマークではありますが、その企みや如何にというところ…
あと、愛ちゃんのもたらした情報はアドルフ氏には大分重大事として受け止められたようであります。
とりあえず、りっちゃんが大量にボヘミアを徘徊しているというのはものすごい想像…はるかさんですかw

そこで渦中のイングランドはロンドンに話が移るわけです、が…美食の巡礼者、貴音さんがやってきたということで双子は腕によりをかけてもてなしの準備の最中でございます。どくへび殿曰くの釣りキチ真美平&包丁人亜美平でありますが、上手いことを言うな、とww
ただ、いくら釣れたて新鮮とはいえ、その魚はまずいんじゃないかしら…w
ということで、貴音さんに対応した亜美真美の秘策であるところの美味しい英国料理によるもてなしは、亜美真美の腕が未熟なのか、それとも英国料理自体に起因する原因なのか、とにかく目論見どおりに行かないという悲しい結果に…愛深き故に憎しみに変わりやすいという心の機微をまだよくわかっていない故の悲劇…かなぁw
結局、リトアニアはスウェーデンに味方してイングランドと敵対する流れになったワケですが、イングランドの同盟国であるハンガリー参戦のリスクは理解しているはず…あずいおコンビが親リトアニアであるという事実にかけたのか、それともその事実すら凌駕する食べ物の恨みなのか、それは永遠の謎と言うことでw

その後イングランドースウェーデン戦争開戦の知らせが届いたハンガリーはコンスタンティノープル…
それ以前にもBBRの関係かせっかく独立させてやったサルデーニャが同盟を破棄してみたりといろいろ多難なワケですが、なんと言っても一番の憂いはカロイ陛下の熱病であります。
リトアニアが敵方に回ったスウェーデン戦は参戦拒否と言うことで簡単に結論は出せるのですが、国の指導者の決断はやはり必要…でも、陛下の容態は決して予断は許さず、ということであずいおコンビにも憂愁の色が濃いようです。現代の知識を持っているので、カロイ陛下の病気についても見当は付くわけですが、それを治療する手立てがどうにもならないという無力感はある意味絶望的なことでしょう。
キニーネの原料となるキナはアンデス山脈辺りでないと手に入らないということで、やっと新大陸に進出したばかりの欧州勢では入手が困難なんですよねぇ…りっちゃんに手紙を出してみたあずささんの着眼点はとてもいいものだとは思うのですが。
そんなこんなで、カロイ陛下に許された時間もあと少し…淡々と公務を行う、おとなしい…いや、けっこう二人に攻撃されてはいましたけれどw…陛下らしく、自分の幕も静かに引くのかと思われましたが、最後の最後である意味、最大のわがままを二人に打ち明ける事となりました。
立派な皇太子がありながら、自分を陰から支えてくれていた皇弟であるトランシルヴァニア公に皇位を継承させたいという申し出にあずいおならずとも、たぶん宮廷全体に激震が走ったことでしょう。
当人たちにその気がなくとも国が割れる可能性があると知りながらも、この皇位継承を願った心理はどういうものだったのか…自分の影として自分と帝国を忠実に支え続けて来た弟に花道を用意してやりたかったという心ではあるのでしょうが…いろいろ計り知れないものがありそうです。
ただ、一つだけ言えるのはカロイ陛下は何事にも誠実な人柄であったということでしょう…弟の新皇帝ラヨシュ2世陛下も兄に似て落ち着いた人柄のよう…今回はかなりお歳のグラを使用しているので壊れ具合も程々かも知れませんねw

さて、そんな波乱含みの皇位継承にさらなる余興をもたらそうと画策したカスティーリャ…知らぬはちーちゃんばかりというある意味酷い話ではありますが、不発に終わることを十分に了解して、それでも用意する辺りどうにも業が深い話ですねw
その企みを十分に見越してハンガリーも対処し、さらにポルトガル艦隊も守護天使殿を筆頭にして両国の暴発を防ぐために立ち回る…うーん、海軍の花だなぁw
きっと、当日の金角湾は壮観だったに違いない…帆船海軍で即位記念観艦式が出来そうですねw
こんな業の深い守護天使殿をいただくカスティーリャですが、それでもゆきぽの人気は非常に高い…千早としてはその理由もわかってはいるのですが、友人として、止めなくていいのかな?とか思っているんだろうなぁw

さて、イラストですが…

130019135686916216636_azuiob.jpg

うむ、いい最終回だったw
話は一区切りということでそういうイラストをお願いしましたが、いやぁ、想像以上に最終回っぽいww

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
温かくなってきたのは良いんですが、部屋に侵入してくる虫が増えてちょっと嫌な感じです。あー網戸直さなきゃ…。


りっちゃんが山程いるボヘミアを想像したらちょっとこわ…もとい面白いなあとw。良い国になりそうですけどねーw。しかしやよいの中でのりっちゃんはいつも説教している感じなのかしら…。社長とか小鳥さんが小言言われてるの見てるんだろうなあw。

カロイ陛下、ハンガリーの歴代の中では一番長く王様を勤めてたんですねえ…あずいおに叩かれたり蹴られたりしながらも良く頑張ってました。安らかに。まあ、あずいおに叩かれたりするのはご褒美だったんでしょうけどw。新皇帝となった弟さん、カロイ陛下以上に落ち着いた感じで。顔グラもかなり落ち着いた感じ…これはベルティエの一人勝ち復活もありますかねw。


今回のイラスト釣りキチ真美平&包丁人亜美平。
フィッシュ&チップスのチップスが無いのでフライドフィッシュだけですが、魚の吟味と下処理さえちゃんとしたならもっとお姫ちんの印象も良かった筈…フグの丸上げはさすがにw。しかしこれでお姫ちんに下手な食べ物を出すとリトアニアが黙っていない、なんていう風評(?)が立ったりして…w。


あと、貴音の欧州料理紀行、フランス編が出来たので置いておきますー。

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/007/204/85/N000/000/000/130580554304116117494_briochea.jpg
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/007/204/85/N000/000/000/130580555609616305290_briocheb.jpg

お、久しぶりに春香さんっぽい春香さんw。


でわでわ。

Re: No title

> どくへび殿
いらっしゃいませー
そう言えば、今年はまだ虫の脅威にはさらされていない、ような…
微妙に気温が上がっていないからなのかなぁ…過ごしやすいのはいいのですが、少々そう考えると不気味な気もしますね。

> りっちゃんが山程いるボヘミア
う…ううむ…自分で書いた状況とはいえ、改めて思い浮かべると大変ものすごい絵面w
でも、微妙に嬉しいかも知れない…美希だって内心は喜ぶかも知れませんのー
りっちゃんは主に小鳥さんとPを説教してますが、美希はあれほどしっかりしているのに、りっちゃんに叱られたいがために、りっちゃんの前ではだらしなく振る舞っているようです…なんて甘えん坊w

> あずいおに叩かれたりするのはご褒美
そう思っていたからこそ、真面目な顔をして地味にいろいろ言っていたに違いない…とはいえ、歴代最長の在位期間の中で堅実に国政を運営してきた陛下には、そう言う安らぎの時間も必要だったはず…だw
後を継いだラヨシュ陛下は、顔グラが非常に真面目なだけにあまり壊れないで欲しいというご意見が…やっぱりベルティエ一人勝ちなのか?
でも、ベルティエのあの顔グラも結構真面目くさった顔だとは思うんですけどねww

> お姫ちんに下手な食べ物を出すとリトアニアが黙っていない、なんていう風評(?)が立ったりして…w
あー、ありそうですねぇw
でも今回の亜美真美は少々やり過ぎただけであって、きっと食べ物の恨みを国家間の問題にするほどではないはず…だ?とりあえず、揚げてしまった後にいぶかしげな顔をするくらいなら、揚げる前に疑問を持とうよ二人ともww

> あと、貴音の欧州料理紀行、フランス編が出来たので置いておきますー。
ブリオッシュがとても美味しそう…きっとフランス王の心づくしだと思われるエプロンを身につけた春香さんも可愛いw
もちろん、いつもながらのお姫ちんもますます可愛らしいww
今週も本当にありがとうございました~!
プロフィール

かわづP

Author:かわづP
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
千早創世録人気投票その1
期間は10月31日までです
無料アクセス解析
千早創世録人気投票その2
期間は10月31日までです
無料アクセス解析
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。