スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親知らずが…

ここまでひどくなったのは初めてです
これは炎症が治まったら抜歯のコースかなぁ…今回は腫れた原因が想像つくのでいろいろと釈然としないものもないわけではないのですが…w
とりあえず、この腫れが治まるまではおとなしくしていないと、なぁ…

そんな中でもあずハンは当然上がるのですけれどw



今回はイングランドに勝って意気上がるフランス様はパリからのスタート…
せっかく勝ったというのに王様の表情が冴えないのは、大陸からイングランドを追い出せなかったことへの不満…実にわがままな話ですねーw
確かに真っ青な国土に赤い州が混ざってるのは目障りかも知れませんけれど、もう「地の果て」フィニステールたった1州しか残ってないんだし大目にみてやっても…と思わないではないww
それもこれもフランスにブリテン島上陸できるだけの海軍力がないせいなのですが、イングランドはずっと海軍がむやみやたらと強いままなので、これはもうどうしようもないのですよね…植民地で戦争出来るようになると戦勝点でどうにか出来ることもあるのでしょうが、なかなか大陸領は消滅しなかったりするのがこのゲームであります。
そんなもやもや下気持ちを追い払おうと美味しそうなブリオッシュを焼いてきた春香さん、フルール・ド・リスをちりばめたエプロンはきっと王様からのプレゼントに違いない…非常に春香さんらしくて可愛いのですが、美味しいものの気配を感じたら黙っていられない可愛いお方がもう一人…w
美食巡礼を続ける貴音さん、外交とどちらが主なのか従なのかわかりませんが、とりあえずイングランド戦戦勝のお祝いにやってきたようです。
それと、宗教改革に揺れるフランスの内情を探るのも目的だったようですが、たとえ話でふと漏らしたハンガリーのことで話が思わぬ方向に進んで少し冷や汗をかいたようです…フランスの習性をやはりまだよく理解していないと言うことなのでしょうか…w
しかしそこは大国同士の付き合いもあって、ジョークで流されてしまうわけですが…ハンガリーから届いた知らせはジョークなどではすまない深刻すぎる内容…
さすがに、隣の大国の政情が不安定になるのは非常に困るというわけです、が…

舞台は件のコンスタンティノープルへ
どうやら元トランシルヴァニア公のラヨシュ陛下の看病は、トランシルヴァニアの守護天使であるいおりんのお仕事のようです、いおりんは本当にいい子ですねぇ(シミジミ
ちくりとあずささんが気にしそうな言葉を言っていたりもしていますが、あずささんが全然取り合わないという事実をもって、ことの重大さを悟る視聴者の皆さまの感覚にちょっとびっくりしていたりw
実際に容態は軽くないのですが、それにもましてあずいおコンビの気に掛かっているのは今回の事件の背景のご様子…どちらかを狙った陰謀であればシンプルだったのでしょうが、直前にターゲットが入れ替わっていたところが問題をこじらせる大きな原因となっております。
あと、動機となり得る事が多くなりすぎて、絞りきれないのも問題を複雑化させているうえに…前回ラヨシュ陛下と密かに何事か打ち合わせていた様子の警察長官も折悪しく病魔に倒れるというダブルパンチ…外敵には強いベルティエも国内の陰謀にはどちらかというと弱めということで、どう対処してよいか途方に暮れている、といったところのハンガリー上層部ですが…警察長官とラヨシュ陛下は無駄に暗躍していたわけでもありません。
気付いた陛下の言葉に従ってあずいおの手に渡ったリストは、陛下の治世の間に調査が進んでいた不平貴族層のリストに今回の大陰謀の粗々の筋書きでありました。
おおよそ想像していた展開に近いとは言え、今回の事件はラヨシュ陛下にも完全に想定外の展開だったのか、それともそうなることも覚悟の上の想定外だったのか…その謎は残るとはいえ、こうなったことを無駄に終わらせる気は毛頭無いというのは、骨の髄まで立派な為政者なのかも知れません。
その遺志が無駄にならないと確信して逝けるのは、聖王陛下も言っているとおり、とてもとても幸せなことなのでしょうね。そして、守護者二人の深い愛情は、短い治世とは言えものすごい激動の治世だった陛下にとって、限りない安らぎを与えてくれたに違いなく、静かに旅立つことが出来ました…
次代であるウラースロー2世陛下は父親の死に目には遭えなかったわけですが、叔父が立派に王としての死に様を教えてくれたような、そんな気分だったのではないでしょうか。

そして今回最後はペルシアはファールスへ…
珍しくまこちんがペルシア訪問…ではありますが、結構いきなり飛ばしまくりのまこちんですw
うちの真は結構まともな感性と思考の持ち主なんだけど、千早創世の頃から結構毒舌キャラなんですよなー…どうしてこうなった、どうしてこうなったww
でも、面倒見は良い方だし、ああだこうだ言っててもちゃんと王子様のように頼りになるはず、うん…あずハンでは主に響とやり合ってるせいかも知れないなぁ…それにしても、真は古いネタを知っている…ネタばらしをすると、ファールス地方にはまさしくペルセポリスがあるからこそのまこちんのセリフです、うーん、知的だなぁw
その響ですが、さいしょーに言いつけられてお勉強中…さいしょーもなんだかんだ言って実は響にダダ甘なんですよねー、がみがみ叱るというのは気にかけているからこその行動なわけですしw
で、ここでも話題はとりあえずハンガリーの動向から…即位早々の大粛正とはいえ、残っていたのはきっと本当に肝の据わった大貴族だけではないかという気もしないではなく…とにかく、先帝陛下の死にケジメを付けるという意味で避けては通れない道であったことは確かでしょう
そしてその影響を種々検討している一同ですが、とりあえずはお手並み拝見と言ったところ…ただ、お手本は身近なところにあったのではないかという分析では一致したようです。
オスマンは滅んでも、その残したものはやっぱり大きいんですよね

さて、いつものイラストですけれど…

130157116296416228097_eu3_aib.jpg

設定画風愛ちゃん、かわいいのぅw

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
うぬう、歯医者怖い…。


お料理の影に貴音さんあり…いきなり絵で登場には少々驚かされましたが、美味しいものを前にしたお姫ちんはかわいいですなあw。各国でも美味しいもの巡りの旅は噂になってるみたいですが、イングランドの件もありますし「不味い物食べさせると戦争仕掛けられる…」なんて話も混ざってたりしてw。
しかし春香さん、発作の起きた王様の扱い方にも慣れてるというか何と言うか…相変らずラブラブですねえw。王様こんな感じでも順調に領土広げてるフランス様さすが…。

そしてハンガリー。うーむ、顔グラの感じから長命では無いだろうなとは思ってましたが、まさかこんなに早く代替わりとは…残念無念。あずいおを中心に一枚岩な感じのハンガリーですが、さすがにここまで急速拡大すると色々ありますねえ…他国の工作もありますし、宗教改革も始まっちゃいましたし。そんな荒波の欧州世界ですが、新皇帝のウラースロー2世に長生きして貰って乗り切って欲しい所です、自分らしく。ニンジン克服は…無理そうですかねw。

2枚目絵のお勉強中のペルシア響さん。しかしさいしょーも面倒見が良い人ですねーw。登場時は腹黒な感じが前面に出てたせいか、コメとかで「響は不憫」って言われてたような…。今はある意味さいしょーの方が不憫?w。


その響さんと貴音さんの食べある記絵出来たので置いておきますー。

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/007/204/85/N000/000/000/130692782894416216556_kebaba.jpg
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/007/204/85/N000/000/000/130692784225516114193_kebabb.jpg

自分で描いておいて何ですが、どういう状況なのコレ…。


でわでわ。

Re: No title

> どくへび殿
いらっしゃいましー
歯医者からは一応解放されました…親知らずはとりあえず執行猶予付きの判決…さて、おとなしくしていてくれるかどうかw

> 各国でも美味しいもの巡りの旅は噂になってる
間違いなく噂になっていると思いますw
料理を作る時は背後に気を付けないと、いつの間にか貴音さんが忍び寄っているかも…とかww
でも、ごくごく自然にご相伴にあずかってしまえる貴音さんはやっぱり人徳なのでしょうなぁ…まあ、あの満面の笑顔で現れるのなら、大概の毒気も抜けてしまうだろうとは思いますけれど
ただ、イングランドの件はやっぱり広まっているはず…亜美真美が広めている可能性もありますが、イングランド料理の不味さに関する評判も一緒に広める結果になっているんじゃないかしら…w

> 相変らずラブラブ
フランス様のラブラブっぷりは最早バカップルの域…どうしてこんなに楽しそうなのかは謎なのですが、王様の奇妙なテンションとうちとの春香さんの無駄なポジティブさが相乗効果になってるのかしら…とりあえず領土拡張も国内の情勢も平穏だからいろいろな矛盾が噴出していないだけ、と言ううがった見方もあるわけですけれどw
でも、いつもの発作とか地味に春香さんも容赦ないような気がしないではない…それを聞き流してる王様は器が大きいのか、それとも春香さんラブラブで気にならないのかww

> まさかこんなに早く代替わりとは…
正直、戦死でもなくて2年間の治世は短すぎる気がします…なので、あの顔グラだったわけですけれど、さらにストーリーもくっつけてみました
ハンガリーはたった100年であの版図を築き上げたわけで、内部的にはそれなりに矛盾や対立が深まっているはず…そこを他国の工作やなんかで揺さぶられた上に宗教改革の大波を受けているわけで、分裂や内乱が始まってもおかしくはない時代、その一つの表れがラヨシュ陛下の暗殺事件なのでしょう
新皇帝も前途多難ではありますが、皇家と守護者の間もいつもながら良好ですし、今代の陛下も優秀そうな感じではあるので乗り切ってくれるはず…うん、ニンジンは食べられなくてもww
でも、そう考えるとニンジンフルコース完食したラースロー陛下は偉大だったなぁwww

> しかしさいしょーも面倒見が良い人ですねーw
腹黒いことは腹黒いのですけれど、響相手ではその腹黒さも空回りせざるを得ないのではないだろうか…ううん、さいしょーは不憫w
しかし、なんだかんだ言っても響はさいしょーにものすごく懐いているわけですし、ある意味でさいしょーは勝ち組かも知れないなぁ…他のアイドルに比べて響はおとなしくて素直ですしねw

> 自分で描いておいて何ですが、どういう状況なのコレ…
響はかわいいなぁ…でも、食べ物を振り回してたりすると、きっとあとでさいしょーに怒られるんだ…
それにしてもかわいいわけですけれどw
プロフィール

かわづP

Author:かわづP
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
千早創世録人気投票その1
期間は10月31日までです
無料アクセス解析
千早創世録人気投票その2
期間は10月31日までです
無料アクセス解析
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。