スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の日はつるべ落とし…

とはよく言ったモノですが、本当に油断するとすぐに暗くなっちゃいますねー
帰る時に真っ暗になっていると、ああ、今年も終わるんだなーとかしみじみ思うのですw

まあ、今年が終わってもまだまだあずハンは続くのですが…ということで89話ですー



今回はカスティーリャはトレドからのスタート…
前回ポルトガルにいたあずささん、今回も目的とする場所に迷わず到着しています…そういうスキルを身につけたのかも知れませんが、これはまさしく奇跡ですねw
で、りっちゃんから海図をせしめたことはつとに知られる事実となっていたようで、ゆきちはからはかなり警戒されているあずささん…さすがにいきなり植民地を寄越せとは常識的に考えても言えないと思うのですが、それでもあるんじゃないかな?と思わせてしまうのはあずささんのこれまでの所行のなせる業、なんでしょうねぇw
でも、周囲からどう思われていようとも、あずささん自身は十二分にわきまえて行動しているわけで、用件はカスティーリャから通行許可を得るというモノでありました。
通行許可そのものはお安いものでもありますし、自国のテリトリーに踏み込んでこなければいいやということで快諾したカスティーリャですが、新しいプレイヤーの参入に複雑なモノもないわけではないといったところでしょうかw

そして、意気揚々と本国に凱旋してきたあずささんですが、本国の風は予想以上に当たりがきついようで…w
まあ、行き先を告げずにいなくなったり、出先から酒代の請求書が届いたり、おまけに国庫の中の債券を持ち出してパーにしたりといくら守護女神でもやっていいことと悪いことがあると言うことでしょうか…女神様のツケを処理するしっかり者の守護天使としては間違いなく怒らずにはいられないのもわかりますけれどw
陛下としてもいろいろと大変な事もあったりなかったりで、あずささんがフラフラと出歩いていたことについて少々文句もいいたいところ…でも、小鳥さんを評して蛇のようなというのはともかく、ラミアーにしちゃうのは少々かわいそうだと思うんだw情はどちらも深そうではありますけれど、ねww
ただ、小鳥さんの危惧するところももっともで、大公家の存続がかかっていると思えばいろいろとごねたくなるのもやむを得ない…ということで素直に行かないかと思いきや、意外なところで正面突破が図られてしまっていたようですw
その後始末で一層いおりんは渋い顔ですが…あずささんの連れてきた人物のせいで毒気を抜かれたようでもありw
私はこのシリーズが好きでねぇ…前回話題になっていた人物をイタリア語読みにするとこの人の名前になるんですよねw
いおりんにとっては、煙草のおかげであんまり好かれないかも知れないですが、結構好人物で、さらに腕も間違いなく確か…ということで、あずささんの外遊の目的を悟った伊織ですが、その目的の実行を許可する代わりにあずささんにかなり手痛いしっぺ返しを食らわします…まあ、ちかたないんですけどねw
でも、さすがに打ちのめされたあずささんを気遣う陛下は、やっぱり優しい男の子なんですよww

そんな辛い仕打ちにもめげず、大きい代償を払って手にした行動の自由…行使しないわけにはいかないとはるばる某国にやってきたあずささんですが…某国では当然ながら蜂の巣をつついたような大騒ぎ、さらにやってはいけないことまでやってしまって…悲しいことに無残なことが起きるお膳立てが揃ってしまいました…
最後の最後まで最悪の事態を回避しようとする一方の当事者と、しょせん血塗られた道であると思い切るもう一方の当事者…やはり悲劇としか言えないかも知れないなぁ…

で、最初に戻ってカスティーリャ…
ちーちゃんはいろいろと反応しすぎだと思うんだ…正々堂々としていれば別にスルーされたと思うのに、反応するからからかわれちゃうんだということにきっと気付いてない…でも、それが千早のかわいいところでもあるんですけどねw
ただ、わかっていた事ながらやはりアフリカの国とヨーロッパの国がマトモにぶつかると、かなり悲惨なことになりますね…騎兵作れないのが本当に痛いです
ということでかわいそうなアイドルが出来てしまいましたが…男の子だし我慢だ涼ちんw
あずささんに、君のキノコが狙われていると思えばまだちょっとドキドキするだろう…?w

そして、今回もイラストを…

131478915340313200921_mikipiyomizugib.jpg

はい、今回もおっぱいほりだしていた小鳥さんですw
ピヨちゃんは、この位頑張ればいくらでも求婚してもらえるよきっと、うん
て言うか、どうせなら美希もぽろっとやりなさい、見ていて上げるからw
それにしても、どくへび殿はえらいお方じゃ…ありがたや、ありがたや

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
自分は近所が銀杏臭くなってくると今年も後僅かだなあと思います。良い臭いだとは思いませんが、嫌いじゃない…w。


うーん、まさかあずハンでコロンボさんを見る事になろうとはw。あずささん、「ウチの守護女ガミさんがねぇ?」とか言われると喜びそう。いおりんは葉巻の煙のせいで苦手そうですが、上手く手なずけておけば色々と役に立つかも…。まあ、変態紳士化しない事前提ですがw。あー、亜美真美に所に連れて行くときっと大喜びするんだろうなあ…w。でも航海中傍にいると殺人事件が起きそうでちょっと怖いw。確か船内で事件解決するエピありましたね、「歌声の消えた海」だったかしら…?

今回のイラストのラミア小鳥さんー。
ピヨ助さんに負けず劣らずラヨシュ陛下の妄想力もなかなかのようで。自分の知らない所でこんな想像をされてると知ったら小鳥さんはきっと…喜んじゃいますかねやっぱりw。下半身蛇なので太ももスリスリ出来ないのは残念ですが、そこはおっぱいで我慢する事にしましょうか…w。


何時の間にやら91話目前!という事であずささんトップ絵(?)出来たので置いておきますー。

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/007/204/85/N000/000/000/131979656315513120018_hungarykoryuki2a.jpg
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/007/204/85/N000/000/001/131979657435813119863_hungarykoryuki2b.jpg

黒い衣装に映える腋!普段はおっぱいの迫力で霞みがちなああずささんの腋ですが、ちーちゃんの腋に負けず劣らず素晴らしい。


でわでわ。

Re: No title

> どくへび殿
いらっしゃいませー
> 自分は近所が銀杏臭くなってくると今年も後僅かだなあと思います。
うちも近所に銀杏の並木があるんで、その気持ちわかりますw
小学校の頃は、近所の駄菓子屋にスーパーのビニール袋1杯分くらいの銀杏拾って持っていくと店のもの50円分くらい買えたんだよなぁ…非常に懐かしい思い出ですw

> いおりんは葉巻の煙のせいで苦手そうですが、上手く手なずけておけば色々と役に立つかも…
いおりんはきっと、葉巻さえなんとかなればという所かしら…w
コロンボ、あずささんにもずけずけ物言う方っぽいですし、それなりにまともな考えの人でもありますしねw
でも居ればいたで、王宮の中で殺人事件とか起こりそうで、それは困ったな、と言った感じだったりしてww
しかし、他国に行って、「うちの女神さんがね…」とかあずささんをダシにして交渉進められるのは、それはどうなんだろうかw

> 自分の知らない所でこんな想像をされてると知ったら小鳥さんはきっと…喜んじゃいますかねやっぱりw
下半身が蛇という辺りで微妙にきっと複雑な気分だと思いますw
チャームポインツであるふとももを封じられるというのはやはり戦闘力ダウンとかなんとか思ってそう…でも、十分綺麗だし良いと思うんですけどねぇ…
しかし、陛下はピヨちゃんの上半身は自分の経験その他もろもろから構成したのかしら…妄想力高いなーww

> 黒い衣装に映える腋!
あずささんいただきましたー
やっぱり、どんな服でもあずささんは女神やでぇ…
というか、実に神々しくも、シックな黒が魔乳女帝としての貫禄すら漂わせるww
と言うことで、91話からタイトルに使わせていただきますぞ
今回も本当にありがとうございましたー
プロフィール

かわづP

Author:かわづP
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
千早創世録人気投票その1
期間は10月31日までです
無料アクセス解析
千早創世録人気投票その2
期間は10月31日までです
無料アクセス解析
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。