スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三國志12が…

とどきました
やる暇があるのかないのか…夏の本の原稿はとりあえずできてませんw

でも今週もあずハンは上がるでございますが…



今回ははるばると東南アジアは大越の首都、タンロンからお送りするあずささんでございます。
相方は前回に引き続きハイン提督、苦節何十年、あずささんとサシでの出番が続いているという人生の春状態ですが、好事魔多しとならなければいいですねw
で、実際に思うように行っていないのが大越との戦争…もちろん勝敗で言うと過去完了形で大勝利なのですけれど、
肝心要の戦略目標である港の確保が出来ていないという悲しい状態…
もちろんただでは帰れないので、現地作戦本部としてはチャンパとの開戦を提案していますが、あずささんの懸案はチャンパの同盟国、明の動向だったりします。
ちゃんと周りを見られるようになって、あずささんも成長したもの…とは言え、もともと戦争に対する嗅覚は確かだったか…w
とりあえず、軍としては明はあまり乗り気でもなく、大越と和平出来ればチャンパなど赤子の手をひねるようなものと考えている様子…そんなに認識に間違いはないのでしょうけれど、一抹の不安もなくはなかったりする開戦ではあります。

そして舞台はアジアの玄関コンスタンティノープルへ…
エリーザベトも言うとおり、一口にアジアといってもものすごく広いのでございます…東南アジアからコンスタンティノープルまで打通出来ればそれは世界史上の一大事業として記録されるでしょうが、まあ、無理かなw
ということで、あずささんは明の介入も上手にかわして華麗にチャンパから港ゲット、その上大越から州をせしめているので、生産地そのものもゲット…実に順調そのものですな
現地の利権はいち早くポルトガル商人に抑えられたようですけれどw
負けじと東インド会社を設立するハンガリーですが、ゲーム中のメッセージはあんまり芳しくないんですよね…マイナス効果は無いはずなのに、非常に不安を煽ってくれますw
さらに問題はあったりするわけで、教会と国家の権限についてのすりあわせという難しい問題をハンガリーは抱えこんでいたり…ゲーム内ではイベントなのですが、ここまで統治体制が整備されて、さらに時代が進んでくると当然起こりえる問題なんですよね…
民会やエリーザベトは国家という立場から特権は認めたくないという考えのようですが、今回はカロイのバランス感覚というか、ある意味での道理が勝ったようです
いおりんとしても、まだまだカトリック諸国全てを敵に回すのは得策ではないと実感しているので、教皇庁の御者の地位を維持しつつ、ゆっくりと教皇庁との関係も改善していきたいところですしね
…でも、御者じゃなくなったら本当にすぐ破門されそうな勢いではありますよな…w

ほいで場面はヘッセンに…
ウサギさんのマネをしているやよいの可愛さはたまりませんなぁ…アドルフさんも思わずほっこりしているに違いないw
でも、ウサギってけっこう穴掘ったりして、露地で飼うと大変そうですw
そういうことで、思うようにならないのはペットも現実も同じ…ヘッセンが伸びようとするところで欧州最大の強国ハンガリーが神聖ローマとか本当に絶望しか感じないところ…少なくとも、西は向いて欲しくないという気持ちは本当のところでしょうね
で、いろいろと画策しようというところですが、捨てる神あらば拾う神もあるようで、某国から内密の使者がヘッセンを訪れております
いろいろと約束をしてみたところで所詮自国の利益のためにはなんでもするのが国家というものなんですが、あの国はまあ、昔から守護者が黒いことで有名でしたからねw
その人が来なかったと言うことは…やっぱり、自分でも信用がいまいちだと気付いているのかも知れないなぁw

そして謀略の宛先になった国はといえば…
お互いに、近々の戦争など望んでいないということが伺える自制した対応を徹底しているというのに、次々と起こる問題ごとに何かの意図を感じている真さんであります。
さらに関係はさまざま深まっている部分もありますし、誰かの策に乗って下手に事を荒立てたくはないようですが…覚悟というか、諦観はあるご様子です
そんなところに飛び込んできた、マムルーク朝が十字軍の目標となったと言うニュースにも冷静な真ですが、今回も厳しい戦いになるということはもう了解済みなのでしょう

今回大トリは、またしてもコンスタンティノープル…
あずささんも帰ってきて意気上がると思いきや、人に乗せられて始める戦争はやはり気乗り薄なのかも知れません
しかし、やらないわけにはいかないからにはハンガリーの良いように終わらせるのが守護者の務めでもあり、目標を定めて腰を据えて事に当たろうという態度は、やはり頼もしいのですよな
そして、今度もエリーザベト殿下はアンティオキアで陣頭指揮ですが…若いままの姿といっても強い陽射しはお肌の敵なんでしょうなw

はい、それで今回のイラストは…

133042655770613215390_fennecb.jpg

絵理さんとフェネック君…フェネック君はお尻に興味津々、みんなお尻に興味津々w
いつも絵理さんはいろいろと心労が絶えないので、きっとフェネック君と遊んでいる時間がかけがえのないリラックスできる時間なのに違いない…スルタンをしばいているのがストレス解消なわけは、きっと無いw

今回も本当にどくへび殿には感謝、感謝であります

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
コーエーの三國志シリーズ、もう12作も出てるんですねえ。なるほどなるほど。日本、欧州と来たので次の架空戦記は三國志で決まりですね!楽しみにしてます!!w。


今回のイラストのうさぎやよいさん。やよいはかわいいなぁ…。思わずちーちゃんがヘッセンに来てしまうのもちかたない…って訳では無さそうですが、裏でこっそり見てたかもw。コメでも言われてましたが、「ヘッセンの保護」が「やよいの保護」どうしてもに見えてしまうんですよねw。今回は本人いたって真面目でそんな素振りは一切見せて無いのになあ…w。みんな中の人が悪いんや…w。


キリギリス&響出来たので置いておきますー。

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/007/204/85/N000/000/001/133508484525513203564_grasshoppera.jpg
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/007/204/85/N000/000/001/133508485406113111893_grasshopperb.jpg

べんきょー地獄真っ只中の響さん。キリギリスを見つめる目も虚ろ…。そしてこの本の山は、歴代さいしょーが響のために執筆した参考書「ア○の子と呼ばれないための△△入門」シリーズ…かどうかは分かりませんがwとにかく響さんはさいしょーに愛されているよなぁとw。


でわでわ。

Re: No title

> どくへび殿
いらっしゃいませー

> 日本、欧州と来たので次の架空戦記は三國志で決まりですね!楽しみにしてます!!w
うほw
でも、千早創世のあと、三國志ものやろうかと思っていたのは内緒ww
アレなんですよ、IMEで武将の名前が出ないのが断念した原因だったりするんです…グーグルIMEだといいみたいなんですけどねー、グーグルIMEは普通の変換がおバカという噂があったりしてなかなかw
まあ、あずハンが終わってから考えますですw

> 今回のイラストのうさぎやよいさん。やよいはかわいいなぁ…
やよいはかわいいですよね、アドルフさんもきっとほっこりw
ちーちゃんは後で聞いて、地団駄踏んで悔しがったはず…真面目は真面目で、そんなところはないように見えてうちのちーちゃんもやよいのことはかわいいなと思っていることは間違いなくw
本当はやよい、と呼びたいのだけれど、それだとあまりに馴れ馴れしいかと思って高槻さんと呼んでしまうちーちゃん可愛いですw
でも、本人にそんな事言うと怒るだろうなーww

> べんきょー地獄真っ只中の響さん。キリギリスを見つめる目も虚ろ…
なんと痛々しい…でも、きっと響は8/31に宿題をまとめてやるタイプだと思う…w
そして、さいしょーは本当に響のことを大切にしてくれてるよなーと実感w
公務の合間を見て、響のために参考書を書いちゃうだなんて普通の愛情じゃないですわいなww
そのことは響もわかっているだけに、逃れられないこの地獄…なのかなぁ

今週も本当にありがとうございますー
プロフィール

かわづP

Author:かわづP
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
千早創世録人気投票その1
期間は10月31日までです
無料アクセス解析
千早創世録人気投票その2
期間は10月31日までです
無料アクセス解析
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。