スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

れんきゅーちゅー

いいですよね、連休…あんまりお天気良くないですけどw
前半が天気良かっただけに後半はこのノリで行くのかしら…でも、もう花見で昼間からの酒は飲んじゃったし、まあいいかw
と言う事で今週もあずハンでございますー



あずささんに押し込まれて大変なまこちんのマムルーク朝ですが、ベンガジからのスタート
ハルファヤ峠とかどっかで聞いた場所に防衛陣を敷いてハンガリー軍を迎撃していたようですが、とりあえずは迎撃成功おめでとうございますといったところ…でも、アラビア方面からの応援が来るととてもじゃないが持ち堪えられないわけで、気は休まらないのですが…幸いハンガリー軍の動きは鈍いようです
そして、ここで和平の目があるのではないかと思うのも無理からぬところなのですが、折良く迷いあずささんがベンガジに来襲…すかさず和平といきたいところでしょうが、あずささんの独断で和平出来るかどうかを疑ってしまうまこちんは、非常に常識的で、なおかつ良識がありますよねw
それに対して自信満々のあずささん…提示された条件よりも何よりもワインにまこちんのお酌という好条件に釣られてほいほいと和平を結ぼう…というところでやっぱりそうは問屋が卸さないわけでw
正式な使者であるエリーザベトが来てしまったからには、もちろんあずささんの交渉もこれ以上は進みませんw
エリーザベトが持ってきたのはあずささんにも了解を取ったという案ですけれど、きっとそれは間違いでもフカシでもなく、あずささんが覚えていないだけ…それでどうにかなっているんですからハンガリーは恐ろしい国ですなぁ…
で、厳しいは厳しいといって、断って状況が改善するわけでもない真としては新たな条件も飲まざるを得ず…とりあえずのところはハンガリーの東方戦役も終了することとなりました
現在のところはアラビア半島にじわじわと勢力を拡げているワケですが、今後どうなるのかはあずささんといおりんの考え次第というのが非常にいやなところだろうなぁ…

そうして、お久しぶりかも知れないペルシアに舞台は移って…
響さんは夏休み中だったようです、まあ、イラン高原とか夏暑そうですし、ちかたないといえばちかたないのですが、ちゃんと宿題は出ていたご様子…
でも8/31に貯め込むのはどうかと思うよ響さん、あと、それはバッタじゃなくてキリギリスなんだ響さん
うつろな目になんとなく微妙なエロスを感じてしまうのは、ひびきん可愛いしちかたないよねw
で、なんで勉強しているかというと大ペルシアを切り盛りするため…ペルシアの目下の悩み事はポーランドとハンガリーですが、ポーランドは先年の戦以降おとなしくなっているし、ハンガリーはマムルーク戦で稼いだ厭戦感情とBBRで首が回らない状態と現状を的確に把握している響さんなのでした
さらに、さいしょーの持ってきた情報はハンガリーがとりあえず動かないと信じさせるに足る情報…動画の中ではついさっきまで元気だったハンガリー摂政宮、エリーザベト殿下が病に倒れたという情報でした
で、それでついつい動きたくなる国があるんじゃないかという読みと、そこにたいする的確な指示を下せるようになった響さんは十二分にお勉強の成果が出ている気もしますが、さいしょーはそれにさらに勉強しろと責め立てる…守護天使と言うのは辛い仕事ですなぁw

そして場面はコンスタンティノープル…
内臓系の病ということで激痛と激やせと戦っているエリーザベト…鎮痛のためのケシから取った薬を常用するようになっては…ということであずいおコンビも辛い覚悟は出来ているようですが、それでも少しでも長く一緒にいたいという気持ちは変わらないようです
ただ、あまり心配事を持たせたままではいたくないと思うのも、これもまた親心というかなんというか…あずささんがこの場面で、エリーザベトの一番の心配事もそれほど心配しすぎないで大丈夫と言ったのは、ある意味で究極の選択の末なのかも知れません
それをわかっているからこそ、エリーザベトも素直に最後になるかも知れない薬をあおる決意をしたわけですが、いずれにせよ、いつも別れは辛いものです…

さて、今回のトリはヘッセン…
ハンガリーがいろいろあって動けないというのはヘッセンにとって千載一遇のチャンス…
アドルフさんも今回ばかりは機が熟したという見方のようですから、障害は何もないわけで、やよいもとうとう決断を下します。
国政をガンガン指導してきた摂政を失ったハンガリーにまたまた難題迫るわけですが、はてさてどういう始末になりますことやら…転んでもただでは起きない国ですしねw
…あと、小鳥さんのシミは単なるお肌の老化だから気にしなくてもいいんだよやよいw

で、今回のイラストー

133185008658013212344_crocodileb.jpg

猛獣と美女、と言うのは良くあるモチーフですが、どうしてワニ…w
ワニさんもご機嫌みたいですけど、あずささんもけっこうご機嫌…それでもワニさんが暴れたら、あずささんとしては断固たる態度を取って、ハンドバッグにしちゃうかも知れないw
あと、多分このワニさんはペットの範疇には入ってないと思うんだww

でも、けっこう無茶振りしてもずばっと描いていただける…どくへび殿にはいつも感謝しかありませぬです、ほんと

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
こちらも連休は半分ぐらい天気良くて半分雨って感じでした。結局今年も大したことしなかったな…w。


エリーザベトとここでお別れになってしまうとは。うーん残念ですね。皮膚がん…皇帝陛下の代わりに陣頭指揮したりと外で色々とやってましたからねえ…それが直接の原因になったのかどうかは分からないですが、何れにしても不運…。とても辛いでしょうが、皇帝陛下には姉の分も頑張ってもらいたい所です。エリーザベト摂政殿下、安らかに…。小鳥さんはがっつりお化粧で紫外線対策バッチリだと思うので心配は無いですね!w。

今回のイラストのキリギリス&響さん。目が死んでる響さんですが、これもさいしょーの愛…。高校生でキリギリスの観察日記はどうかと思いますがそれはそれで響らしいw。まあ、宿題は毎日少しずつやらないとですねーw。


こぶたさん&貴音さん出来たので置いておきますー。

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/007/204/85/N000/000/001/133638880935513212924_piga.jpg
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/007/204/85/N000/000/001/133638881633213212780_pigb.jpg

とても仲の良さそうな貴音さんとちゃあしゅう。でも食事前には貴音さんの前から姿を消して美希の足元から離れようとしないぶたさんであった…w。


ではでは。

Re: No title

> どくへび殿
いらっしゃいませー
今年のゴールデンウィーク後半はどうしたことか、あちこちでものすごい天気だったようですね…
雨がずっと続いたくらいで文句を言っていてはいけないような気になってしまいました
でも、せっかく連休後半にぴったり合わせて満開になったうちの町の桜は、雨にたたられっぱなしで終わってしまいましたです…うーむ
ただ、ずっと家にいて原稿書いたり動画作ったりしてても惜しくないような気がしたのは良かったかも知れないw

> エリーザベトとここでお別れになってしまうとは
摂政宮殿下はやはり気苦労が多かったのでしょうが、病気は病気、一足早くの退場となりました。
それでも30年は国政の最前線で頑張ってくれたわけで、ここ数代の皇帝陛下たちよりは長い間奮闘していたんですよね…一番の理解者と庇護者を失った皇帝陛下ですが、まだまだ頑張って欲しいところではあります。
あと、小鳥さんは必死に紫外線対策をしてるんだろうなぁ…ファンデーション塗って日傘さして手袋はめて…w
それでもやよい曰く、シミが出来たという話だから、世の中は無情だなぁ(ぼう

> 高校生でキリギリスの観察日記はどうかと思いますが
私も、書いてる時は気にしなかったのですが、コメで高校生にもなって観察日記かといわれて、高校生の宿題じゃないよねとごく自然に描いてた自分に苦笑しましたw
しかし、愛ゆえに響さんは苦しまなければならないんだなぁ…こんなに苦しいのなら愛などいらぬ!とか開き直ればいいんだけど、そうなると聖帝十字陵とか作らないとだしw

> とても仲の良さそうな貴音さんとちゃあしゅう
貴音さんもぶたさんも可愛いなぁw
多分貴音さんのペットというのはとても幸せな境遇だと思うのですが、名前が名前のせいで美希とか微妙にハラハラしていそうw
あと、食事時に姿を消すのは、貴音さんの押さえきれない食欲を感じ取ってしまうからなのでしょうねぇw
美希とかもたまに意地悪してたりしそうではありますがww
今週も本当にありがとうございましたー
プロフィール

かわづP

Author:かわづP
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
千早創世録人気投票その1
期間は10月31日までです
無料アクセス解析
千早創世録人気投票その2
期間は10月31日までです
無料アクセス解析
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。